2020年の鏡開きはいつ?どんな意味がある?

鏡開きは、正月の間に飾っていた鏡餅を雑煮やお汁粉にして食べることです。正月の間に松飾りを飾っておく「松の内」が過ぎた1月11日または1月20日に鏡開きをするというのが一般的ですが、京都など毎年1月4日に鏡開きを行うという習慣の地域もあります。