数字に「3桁ごとにカンマ」を打つ理由は?

数字を書く時には、3桁ごとに「カンマ」を打ちます

普段、何気なく見ている数字なので、あまり気にしたことはないかもしれませんが、考えてみると、日本の事情にあっていないような気もします。

日本の数字(漢数字)の単位は、一、十、百、千の後は、万、億、兆‥というように、「4桁ごと」に、単位が変わっていきます

現在使われている、日本の数字の単位は、江戸時代の和算学者・吉田光由が著した、当時の数学知識の集大成ともいうべき「塵劫記」によるものとされています。

算用数字は「3桁ごと」

算用数字では、サウザンド(1,000)、ミリオン(1,000,000)‥というように、「3桁ごと」に、単位が変わっていくので、これに合わせて、カンマも、「3桁ごと」に打たれています

「漢数字の体系」の中に「算用数字の体系」

日本で、算用数字が使われるようになったのは、明治の初期のころで、文章を横書きで書く際や、現金の出納帳をつける際などには、算用数字の方が、分かりやすいというのが、大きな理由だったといわれます。

この算用数字を、日本でも使い始めたときに、「カンマの付け方」までも、同じようにしてしまったのです。

「4桁ごとに単位が変わる」という、漢数字の体系の中に、「3桁ごとに単位が変わる」という、算用数字の「カンマの付け方」を、取り入れてしまったというわけです。

日本人が、桁数の多い算用数字を見た時に、すぐには、単位が分かりにくいというのは、「単位が変わるけた数」と「カンマを打つけた数」とが、異なっていることが、大きな要因になっているといわれます。

独自の表記方法

そこで、単位を分かりやすくするために、「算用数字」と「漢数字」の単位をミックスしたような「表記法」も考え出されました。

「4桁ごとに、単位を書き込む」という方法です。

例えば、123,456,789円なら「一 二三四五 六七八九 円」といった具合です。

この表記なら、単位が分かりやすくなります。

日本では、3桁カンマは「分かりにくい」「読みづらい」などの声もありますが、不思議なもので、長年使っていると、違和感もなくなっていきます。

要は、「慣れ」の問題なのかもしれません。