情報を調べる

トランプのマークと絵柄が表す意味・由来は?

トランプは、52枚(+ジョーカー)からなるカードで、スペード、ハート、ダイヤ、クラブの4種類のマークがあり、J、Q、Kには絵柄が描かれています。

トランプは、英語では「playing cards(プレイングカード)」と呼ばれていて、英語で「trump(トランプ)」といえば、ゲームの切り札という意味になります。

切り札という意味で使われていた「トランプ」という言葉を、カードそのものの名前だと勘違いした日本人が、そのままカードの名前として使ったために、日本では、このカードのことをトランプと呼ぶようになったといわれています。

トランプの4種類のマークには、それぞれ意味があり、J、Q、Kに描かれた絵柄には、モデルになった人物がいます。

トランプの4種類のマークの意味

トランプには、スペード、ハート、ダイヤ、クラブの4種類のマークがありますが、それぞれのマークは、中世ヨーロッパの身分のシンボルを表しているとされています。

このことが、それぞれのカードの強弱(スペード>ハート>ダイヤ>クラブ)の基になっているといわれています。


スペード

スペード
スペードは「剣」を表していて、剣から連想される「貴族や軍人」を意味するといわれています。
イタリア語で「spade」は「剣」という意味です。
また、スペードは「死」を表すともいわれます。

ハート

ハート
ハートは「聖杯」を表していて、聖杯から連想される「僧侶や聖職者」を意味するといわれています。
ハートは、もともと、教会のカップ(聖杯)のマークでした。
また、ハートは「愛」を表すといもいわれています。

ダイヤ

ダイヤ
ダイヤは「貨幣」を表していて、貨幣から連想される「商人」を意味するといわれています。
ひし形は、ダイヤモンドをイメージしているといわれています。

クラブ

クラブ
クラブは「こん棒」を表していて、こん棒から連想される「農民」を意味するといわれています。
英語で「club」は「こん棒」という意味です。
また、クラブは「知恵・学問」を表すといもいわれています。

一年の「春夏秋冬」を表すマーク

トランプのマークは、一年の春夏秋冬を表しているともいわれています。

・スペード:
・ハート:
・ダイヤ:
・クラブ:

トランプが52枚あるのは、一年の52週を表していて、AからKまで13枚のカードがあるのは、それぞれの季節の13週を表しているといいます。

トランプ52枚の全ての数字を合計すると364になりますが、これにジョーカーの1を加えると365となり、1年の365日と一致します。

エキストラジョーカーは、うるう年に対応しているといわれます。

絵柄のモデル

絵柄のトランプ

トランプのK(キング)、Q(クィーン)、J(ジャック)には絵柄が描かれていますが、それぞれ、モデルになった人物がいます。

K(キング)には「王」、Q(クィーン)には「女王・王妃」、J(ジャック)には「兵士」が描かれていますが、世界の超定番カードゲームのトランプだけあって、どれも世界的な偉人ばかりです。

ちなみに、ジョーカーは「Joke」+「er」で「冗談を言う人」、つまり道化師です。

K(キング)の絵柄

・スペード:ダビデ王
・ハート:シャルルマーニュ
・ダイヤ:ジュリアス・シーザー
・クラブ:アレキサンダー大王

Q(クィーン)の絵柄

・スペード:パラス・アテナ
・ハート:ユダヤの女傑・ユディト
・ダイヤ:ヤコブの妻・ラケル
・クラブ:アンジュー公女・マリー

J(ジャック)の絵柄

・スペード:騎士オジェ・ル・ダノワ
・ハート:軍人ラ・イール
・ダイヤ:戦士サー・ヘクター
・クラブ:騎士サー・ランスロット

関心の度合いを表す顔の向きと角度

トランプの絵札、K(キング)、Q(クィーン)、J(ジャック)には、人物の絵柄が描かれていますが、よく見ると、マークに対するそれぞれの顔の向きや角度が異なっています。

この顔の向きや角度によって、マークに対する関心の強さを表しているといわれています。

トランプの絵札(J・Q・K)

ダイヤのキングは、ダイヤの図柄に完全に顔を向けているので、非常に関心がある。
クラブのキングは、クラブの図柄に少し顔を向けているので、少し関心がある。
スペードのキングは、スペードの図柄から少し顔をそむけているので、あまり関心がない。
スペードのジャックは、スペードの図柄から完全に顔をそむけているので、全く関心がない。

スペードが死、ハートが恋愛、ダイヤがお金、クラブが学問を表すとすれば、それぞれの絵札の表す意味は次のようになります。

キング

・スペード:少し顔をそむけている。→ 死に対してあまり関心がない。
・ハート:少し顔を向けている。→ 恋愛に対して少し関心がある。
・ダイヤ:完全に顔を向けている。→ お金に関して非常に関心がある。
・クラブ:少し顔を向けている。→ 学問に対して少し関心がある。

クィーン

・スペード:少し顔をそむけている。→ 死に対してあまり関心がない。
・ハート:少し顔を向けている。→ 恋愛に対して少し関心がある。
・ダイヤ:少し顔を向けている。→ お金に関して少し関心がある。
・クラブ:少し顔を向けている。→ 学問に対して少し関心がある。

ジャック

・スペード:完全に顔をそむけている。→ 死に対して全く関心がない。
・ハート:完全に顔を向けている。→ 恋愛に対して非常に関心がある。
・ダイヤ:少し顔を向けている。→ お金に関して少し関心がある。
・クラブ:少し顔をそむけている。→ 学問に対してあまり関心がない。

スペードのエースだけが装飾されている

スペードのエース

トランプの中で、他のカードとは大きく異なった描き方がされているカードが「スペードのエース」です。

他のカードは、シンプルに描かれていますが、スペードのエースの「中央のスペードの図柄」だけは、装飾されて他のカードの図柄よりも大きく描かれています。

トランプにかけられていた税金の名残り

スペードのエースだけが、装飾された図柄になっているのは、昔、トランプに税金がかけられていた時代の名残りだといわれています。

イギリスは、1615年にトランプに輸入関税をかけ、1628年には国内で生産されたトランプにも税を課しました。

それ以降、他のヨーロッパ諸国もトランプに税を課すようになりますが、18世紀に入ると、スペードのエースの札を政府が印刷して、その札を税金と引き換えに渡すようになったといわれています。

スペードのエースが、納税証明になっていたというわけです。

偽造を防ぐために、図柄の中に「王冠の模様」や「製造者の名前」などを入れることもあったといわれています。

現在でも、スペードのエースだけが装飾されたデザインになっているのは、このことが由来になっているとされています。

日本でもトランプに課税されていた

現在の日本では、トランプに税金は課せられていませんが、消費税が導入される以前は、日本でも「トランプ類税」という名目で、トランプにも課税されていました。

トランプ類税が廃止される直前には、トランプ1組に40円の税金が課せられていました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする