「そうめん」と「ひやむぎ」の違いは?

夏の定番ともいえる「そうめん」と「ひやむぎ」。

冷たく冷やしたこれらの麺類は、ツルツルとした「のど越しの良さ」が特徴で、夏場の暑い時期でも、食欲をそそってくれます。

お中元などの贈答品としてもよく使われる「そうめん」「ひやむぎ」ですが、このよく似た二つの麺には、どんな違いがあるのでしょう。

材料はどちらも「小麦粉」を使っていて、塩水でこねて麺にするというのも同じなので、大きな違いはないようにも思いますが‥。

「そうめん」と「ひやむぎ」の「太さ」

「そうめん」「ひやむぎ」の一番の「違い」は、「太さ」といわれます。

JAS(日本農林規格)によると、
「そうめん」の太さは、「0.7~1.2ミリメートル」
「ひやむぎ」の太さは、「1.3~1.7ミリメートル」
とされています。

普段食べるときには、「そうめん」や「ひやむぎ」の「太さ」のことを意識することはほとんどありませんが、「ひやむぎ」より「そうめん」の方が「細い」ということになります。

ちなみに、「1.7ミリメートルより太い」と「うどん」になります。

「そうめん」には「油分」が含まれているものが多いですが、これは、「そうめん」を作る際に「細く引きのばす」ので、わずかに油をつけてなめらかにし、切れにくくするためだといわれます。

手延べ

機械を使わない「手延べ」の麺がありますが、
手延べの場合には、「太さ1.7ミリメートルまで」なら、「手延べそうめん」「手延べひやむぎ」どちらを名乗っても良いことになっています。

これには、徳島県名産の「手延べ半田そうめん」が関係しているといわれます。

200年の歴史をもつとされる「手延べ半田そうめん」は、太さが1.7ミリメートル前後と「太い」という特徴がありますが、
JASの規格によると、「ひやむぎ」に分類されてしまうことになり、「手延べ半田そうめん」とは名乗れなくなってしまいます。

これを避けるために、JASが改定されたといわれています。

これにより、「1.7ミリメートルの麺」でも「手延べ半田そうめん」が名乗れるということになったわけです。

製法

JASでは、「そうめん」と「ひやむぎ」を「麺の太さ」で分類していますが、「そうめん」と「ひやむぎ」は、もともとは、「製法」が違っていたといわれます。

「そうめん」は「手で延ばして作り」
「ひやむぎ」は「生地を延ばしてから切って作っていた」
とされています。

現在では、「そうめん」と「ひやむぎ」とで、大きな製法の違いはないようですが、
以前は「製法の違い」も、二種類の麺を区別する一つの根拠になっていたのかもしれません。

いずれにしても、のど越しが良い「そうめん」と「ひやむぎ」は、どちらも、夏場には欠かせない美味しい食べ物といえます。