「♂」が「男」、「♀」が「女」を表す理由は?

「男」「女」や「オス」「メス」を表すマークの「♂」「♀」。

ペットショップなどで、「チワワ♂」などと書かれているのを、見かけたりもしますが、この「男」と「女」を表す、「♂」と「♀」のマークの由来とは、どのようなものなのでしょう。

「男女の性器を、記号にしたもの」といわれることもありますが、これは、俗説のようです。

「西洋占星術」に由来

「♂」「♀」のマークは、西洋占星術に由来しているといわれています。

天文学の影響を受けた「西洋占星術」では、「♂」は「火星」「♀」は「金星」を表す「記号」として使われていたといわれます。

「♂」は、ギリシャ神話の戦いの神「マルス」を表し、「♀」は、美の神「ビーナス」を表しているとされています。

マルスは、手に武器を持っていて、「矢印の部分」が「矢」、「○の部分」が「盾」。

ビーナスは、手にを持っているので、これを記号化したといいます。

また、価値の低い金属から貴金属を生み出す「錬金術」の分野では、「♂」は「鉄」、「♀」は「銅」を表す記号として、使われていたといいます。

植物の「雌雄の区別」が最初

現在のように、「男」と「女」の意味で、初めて使ったのは、18世紀のスウェーデンの植物学者だといわれています。

植物の「雄」と「雌」を分けるときに、「♂」と「♀」の記号を使ったといわれます。

「♂」は「マスキュラ」「♀」は「フェミニン」と呼ばれ、日本語では、「オス記号」「メス記号」と呼ばれています。

パソコンで変換する際には、「おす」「めす」と入力すれば、変換できます。

ちなみに、雌雄同体を表す記号として、水星の「☿」が使われていたこともあったといわれますが、今では、ほとんど使われていないようです。