パンを美味しく保存するには「冷蔵庫」ではなく「冷凍庫」で!

焼き立てのパンは、ふっくらとした柔らかい食感で、とても美味しいです。

しかし、焼き立てのときには、柔らかくてふっくらとしていたパンも、時間が経つにつれて、次第に硬くなっていき、食感も、パサパサとした感じになっていきます。

この食感の変化は、ただ単に、パンが乾燥して硬くなっていったことだけが原因ではありませんでした。

パンの「冷蔵庫」での保存

焼き立てで、ふっくらと柔らかい状態のパンは、「でん粉の構造が緩んでいる」のだといいます。

「でん粉の構造」は、時間が経つにつれて、規則正しく結晶のように並んでいくとされますが、でん粉が「規則正しい並び」になることで、焼き立ての時の、あの柔らかいふっくらしとしたパンの食感が、失われていくといわれます。

この「でん粉の変化」は、「水分含有量が30%~60%」「温度が0℃~3℃程度」のときに一番進むといわれていますが、
この条件に、ピッタリとあてはまるのが、パンを「冷蔵庫」に入れた時の状態だといわれます。

さらに、冷蔵庫の中は、温度が低く乾燥しているので、パンが、パサパサになっていくスピードも速くなってしまうといわれます。

パンを美味しい状態で保つには、「冷蔵庫」での保存は、あまり適しているとはいえないというわけです。

パンの「冷凍庫」での保存

パンを美味しい状態のままで保存するには、「冷凍庫」での保存するのが良いといわれています

「焼き立てのパンがふっくらしているうちに急速に凍らせることで、でん粉の変化が進まず、焼きたてに近い状態で、パンを保存することができるから」というのが、その理由です。

パンを「冷凍保存」する場合は、ラップに包んで、ジッパー付きの袋などに入れて保存することで、より良い状態を保つことができるともいわれます。

空気をしっかりと抜いて包むのも、ポイントの一つとされます。

トーストして食べる

「冷凍保存していたパン」を、トーストして食べるときは、パンが凍ったままの状態で、両面に霧吹きなどで軽く水をかけてから、予め温めておいたトースターで焼くと、美味しく焼くことができるといわれます。

厚めのパンの場合は、少し自然解凍してから焼くと、よりおいしく焼くことができるともいわれます。

トーストせずに食べる

「冷凍保存していたパン」を、トーストせずに、そのまま食べる場合は、ラップに包んだままで、自然解凍。

厚みにもよりますが、1~2時間程度で、解凍することができます。

まとめ

パンは、「冷凍保存」することで、美味しい状態を保ったまま保存することができますが、冷凍している期間が長くなると、冷凍焼けになったり、霜がついたりして、味が落ちやすくなるので、やはり、早めに食べる方が良さそうです。

「2~3週間以内」というのが、一つの目安ともいわれます。

冷凍保存したパンは、「電子レンジ」を使って解凍することもできますが、パンが、硬い食感になってしまうので、「トースト」するか「自然解凍」で食べる方が、より美味しく食べることができるようです。