ミカンを揉むと「甘くなる」というのは本当?

冬の果物といって、一番に頭に浮かぶのが「ミカン」。

こたつに入って、ミカンを食べながらテレビを見るというのは、一昔前の冬の風物詩?です。

よく「ミカンを揉むと甘くなって美味しくなる。」と言われます。

実際に揉んで食べてみると、少し甘くなったような気がしないでもありませんが、ミカンを揉むと、本当に甘くなるのでしょうか。

ミカンの糖度が増すということなのでしょうか。

ミカンの酸味が減る

ミカンを揉むと、目には見えないような小さな「傷み」ができますが、酸味成分の「クエン酸」が、その傷みを修復していくといわれています。

クエン酸は、ミカンの「酸味成分」なので、クエン酸が減るということは、酸味が減るということにつながります。

傷みを修復するために、クエン酸が使われて、その量が減っていくと、酸味も減っていき、甘く感じるようになるというわけです。

ミカンを揉むことで、糖分が増すわけではありません

糖度が増すわけではないので、「元々糖度の低いミカン」は、いくら頑張って揉んでも、甘くなることはありません。

やさしく揉んですぐ食べる

ミカンをより甘くしようとして、強く揉みすぎると、ミカンの細胞が壊されて、かえってまずくなってしまうこともあるといわれるので、揉むときの強さは、ほどほどに。

ミカンを揉んだ後は、傷みが進むのが早くなるので、食べる直前に軽く揉んで、すぐ食べるようにするのが良さそうです。

日光浴と冷蔵庫

ミカンを「日光浴」させることでも、呼吸が盛んになって酸が減るといわれているので、甘く感じるようになるといわれています。

また、果糖は、「冷やす」と甘みを感じやすくなるともいわれているので、冷蔵庫で軽く冷やすことでも、一層ミカンの甘みを増すことができそうです。