「グリル」「ソテー」「ロースト」肉の焼き方の違いは?

肉の焼き方にも、いろいろな焼き方があります。

よく耳にするのが「グリル」「ソテー」「ロースト」などです。

レストランのメニューを見て、「グリル」「ソテー」「ロースト」などと書かれていても、その料理がどんなものか、すぐには頭に浮かんでこないこともあります。

「グリル」「ソテー」「ロースト」は、どれも、西洋料理での食材の焼き方の呼び名といわれますが、それぞれの焼き方には、どんな違いがあるのでしょう。

グリル

「グリル」は、「溝のある鉄板」や「焼き網」などを使って、肉を直接熱に触れさせ、「あぶり焼き」にする焼き方です。

「鉄板」や「網」の焼き目をつけながら、外側は、カリッと香ばしく内側は、柔らかくジューシーに焼き上げます。

焼色とともに、直火焼特有の風味がつくのが、特徴といわれます。

余分な脂を落としながら焼くので、脂肪分をカットして、カロリーダウンすることができるともいわれます。

材料から出る脂が溝に落ちるように作られた「溝付きの鉄板」で、「格子模様」の焼きめをつけて焼く方法が、一般的といわれています。

ソテー

「ソテー」は、フライパンにサラダ油などを入れて、「強火で炒める」焼き方です。

フランス語の「sauter(飛び跳ねる)」が語源となっていて、炒めるときの、油や食材が飛び跳ねる様子から「ソテー」と呼ばれるようになったといわれています。

短時間で調理するので、「薄くカットした素材」や「柔らかい素材」が適しているとされています。

肉のソテーの代表が「ビーフステーキ」

「牛肉」などの赤い肉は、好みに応じた焼き加減に仕上げますが、「豚肉」「鶏肉」など白い肉は、完全に火を通すように仕上げられます。

肉をソテーしてから、液体を加えて煮込む料理も多くあります。

ロースト

「ロースト」は、肉を直火にかざしたり、オーブンを使って焼く焼き方です。

長時間かけて「蒸し焼き」にするので、肉は、大きめにするのがポイントといわれます。

高温の蒸し焼き状態になるので、かたまりの肉や魚を、そのままふっくらと焼くことができるとされます。

「魚」や「野菜」を使うこともありますが、「牛」「豚」「鶏」などの肉を、「大きな塊」「丸ごと」使うことが多いといわれます。

焼き加減は、表面はこんがり焼色がついて、内部は柔らかく、金ぐしなどを刺してみて、赤い肉ではばら色の、白い肉では透き通った肉汁が出てくれば良いとされています。

ローストの代表格は「ローストビーフ」「ローストハム」など。

ちなみに、肉の「ロース」は、ローストに適している部位ということから名付けられた、和製英語といわれています。

~・~・~・~・~

同じ肉でも、焼き方を変えるだけで、全く別の料理に仕上がります。

焼き方の違いを知っておくと、普段の料理も、別の楽しみ方ができそうです。