トウモロコシの粒の総数は、必ず「偶数」になる!

大小さまざまな大きさのものがある「トウモロコシ」ですが、どんな大きさのトウモロコシにも、ある「共通した法則」があるのだといいます。

それは、「どんなトウモロコシでも、粒の総数は、必ず偶数になる」という法則です。

どんなに大きなトウモロコシでも、どんなに小さなトウモロコシでも、この法則には、例外はないのだといいます。

トウモロコシの「粒の数」と「成長過程」

トウモロコシの粒の数が、偶数になる秘密は、その成長過程にありました。

トウモロコシは、1つの茎に「雄花」「雌花」ができますが、雄花の固まりは「オス穂」、雌花の固まりは「メス穂」と呼ばれます。

普段美味しく食べているトウモロコシは、この「メス穂」の部分が成長したものとされています。

「メス穂」は、成長していく際に、粒が二つに分裂して成長していくといわれますが、必ず二つに分裂していくので、何回分裂しても、必ず「偶数個」になるというわけです。

トウモロコシを、輪切りにしてみるとよく分かりますが、一つの軸には、必ず「二つの粒」がついています。

「トウモロコシの粒の総数が、必ず偶数になる」のは、「トウモロコシの粒が、必ず二つに分裂して成長しいくから」というのが、その理由でした。

「トウモロコシ」のいろいろな呼び方

全国のトウモロコシの生産量の約半分は、北海道で生産されているといわれていますが、北海道では「トウキビ」と呼ばれることも多いといわれます。

その他、
岐阜では「マルキビ」
長野では「トウマメ」
鹿児島では「タカキビ」
関西では「ナンバン」「ナンバ」
などとも呼ばれています。

どれも、外国から入ってきたことが、強く意識された呼び方だといわれます。

トウモロコシは、16世紀にポルトガルから伝えられたといわれますが、それ以前に中国から伝わっていた「モコロシ」という食べ物によく似ていたので、「唐(=舶来)のモロコシ」という意味で「トウモロコシ」と呼ぶようになったといわれています。

ちなみに、トウモロコシは、漢字では「玉蜀黍」と書きます。