情報を調べる

漢数字の縦書き/日付・金額・番地の書き方

はがきなどを縦書きで書いていると、数字を書く時に、ふと手が止まってしまうことがあります。

アラビア数字を使えばいいのか、漢数字を使えばいいのか。

また、漢数字で書く場合には、数字だけを並べて書けばいいのか、十や百などの位を表す漢字を含めて書けばいいのか。

縦書きの際の、漢数字の書き方を紹介します。

漢数字の縦書き

漢数字を縦書きで使う機会は、はがきや便箋、祝儀の金額など、身近にも結構多くの機会があります。

戸籍などでは、漢数字が改ざんされないよう「壱、弐、参」などの「大字(だいじ)」と呼ばれる文字が使われたりしますが、日常的には、大字が使われることは、そんなに多くはありません。

祝儀の金額などで大字が使われることも少なくありませんが、一般的には「一、二、三、四、五、六、七、八、九」の漢数字が使われます。

しかし、漢数字の書き方については、「これが正解」というものは、特に決まっているわけではありません。


「命数法」と「記数法」

漢数字の表記は、大きく二つの表記に分けることができます。

「命数法での表記」と「記数法での表記」です。

それぞれの表記法は、次のとおりです。

命数法

「543(ごひゃくよんじゅうさん)」の言葉の発音どおりに表した表記(五百四十三)が命数法での表記です。

「数の言い表し方」の表記が、命数法での表記といえます。

記数法

「543(ごひゃくよんじゅうさん)」の数だけの表記(五四三)が記数法での表記です。

「数の書き表し方」の表記が、記数法での表記といえます。

漢数字の日付

縦書きの漢数字の日付けをよく目にするのが「賞状」ですが、賞状の日付けの多くは「十」の文字が使われています。

10月は「十月」、11月は「十一月」、12月は「十二月」、23日は「二十三日」、31日は「三十一日」といった具合です。

例えば、平成31年4月23日は「平成三十一年四月二十三日」と書かれていることが多いです。

「平成三一年四月二三日」と書かれることもありますが、あまり一般的ではないようです。

〇 平成三十一年四月二十三日
△ 平成三一年四月二三日

ちなみに、西暦で書く場合、西暦には「十」や「百」などは使わず、数字だけを書くのが一般的です。

二〇一九年四月二十三日

漢数字の金額

金額の漢数字は、祝儀袋や香典袋などに金額を書く時によく使われます。

その際には、一般的な「一、二、三、四・・・」という漢数字が使われることもありますが、「大字」が使われることも多いです。

代表的な大字には「壱(一)」「弐(二)」「参(三)」「拾(十)」「佰(百)」「仟(千)」「萬(万)」などがあります。

金額の漢数字に大字が使われるのは、金額が改ざんされないようにするのが、大きな目的の一つとされています。

例えば、「二」の真ん中に一本の横腺を加えれば「三」になり、「一」に縦線を加えれば「十」になってしまうからです。

金額の書き方例

1,000円 → 千円、壱仟円、(一,〇〇〇円)
2,000円 → 二千円、弐仟円、(二,〇〇〇円)
10,000円 → 一万円、壱萬円、(一〇,〇〇〇円)
30,000円 → 三万円、参萬円、(三〇,〇〇〇円)
100,000円 → 十万円、壱拾萬円、(一〇〇,〇〇〇円)

漢数字の番地

はがきの宛先など、住所を縦書きにする際の番地は、数だけをそのまま書くというのが一般的です。

例えば、「1丁目23番地10号」の場合は、「一丁目二十三番地十号」ではなく「一丁目二三番地一〇号」と書くのが一般的とされています。

11番地は一一番地、23番地は二三番地、622番地は六二二番地、305番地は三〇五番地という具合です。

まとめ

漢数字を縦書きで書く場合、横書きのアラビア数字をそのまま漢数字に変えるだけでも、大きな間違いとなることはないかもしれませんが、漢数字表記の一般的な慣習というものもあります。

その慣習をよく理解しておいて、スマートな漢数字表記を心がけたいですね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする