「のたうちまわる」の「のた」とはどういう意味?

激しい痛みなどで苦しみもがいて転げまわる様子を、「のたうちまわる」と表現します。

「激痛で、のたうちまわった」と聞けば、激しい痛みにもがき苦しんでいる姿が、容易に想像できますが、
この「のたうちまわる」の「のた」とは、どういう意味なのでしょう。

「沼田」での「泥浴び」

「のたうつ」という表現は、「ぬたうつ」が変化していったものとされていますが、「ぬたうつ」という表現は、ずっと昔から使われていたといわれます。

「ぬたうつ」の「ぬた」は、「沼田」(泥深い湿地)のことを指すとされています。

山の中に棲んでいる「イノシシ」は、泥を浴びる習性があるといわれますが、
イノシシは、夏になると、「沼」などで「泥浴び」をして、身体を冷やしたり、蚊やアブなどに刺されないようしたりするのだといいます。

現在でも、山間部では、夏になると、山から下りてきた「イノシシ」が、田んぼで「泥浴び」をすることがあり、その際に「稲が倒される」被害が出たりもします。

この「イノシシの習性」から、江戸時代には、「泥浴びにきたイノシシを捕らえる」という「猟」が行われていたといわれます。

「沼田で待つ」ということから、その猟法は「ぬたまち」と呼ばれ、イノシシが「沼田で泥遊びをすること」は「ぬたうつ」と呼ばれていたといいます。

この「ぬたうつ」が、江戸時代の中頃ころになると、次第に「のたうつ」に変化していき、その意味も「人間がもがき苦しむ様子」を表すようになっていったといわれています。

確かに、「イノシシが沼田で泥遊びをしている様子」は、見方によっては、「人間が泥の中でもがき苦しんでいる様子」に似ているところがあるかもしれません。

「のたうちまわる」の「のた」の語源は「沼田」だったというわけです。