風邪を引いたときに風呂に入るのは良い?悪い?

スポンサーリンク

「風邪を引いているときには、風呂に入ってはいけない!」とよくいわれます。

このことは、日本ではかなり浸透していて、実際に、多くの人が信じていて、風邪を引いたら風呂に入るのは控える、という人が多いようです。

しかし、西欧では「風邪を引たら風呂に入る」と、全く正反対のことがいわれることもあります。

「風邪を引たら風呂に入らない」「風邪を引たら風呂に入る」、どちらが正しいのでしょう。

風邪のときに風呂に入ってはいけないといわれた理由

ひと昔前の日本では、風呂といえば「銭湯」が一般的でした。

銭湯のお湯は、少し「熱め」のことが多く、熱めのお湯に浸かると、体力も消耗してしまいます。

また、冬場には、入浴後、銭湯から家に帰るまでの間、冷たい外気にさらされ、湯冷めの原因になったりもします。

体力を消耗したり、湯冷めをしたりするので、「風邪を引いたときには、風呂に入るのはいけない」といわれるようになったといわれています。

しかし、逆に言えば、体力を消耗した、湯冷めをしたりしなければ、風邪を引いた時にでも、風呂に入っても良いということにもなります。

現在の日本では、風呂は、ほとんどの場合、自宅の中にあり、寒い冬場でも、暖房器具や暖かい寝具がそろっていて、昔の入浴の際の環境とは、状況が全く異なっています。

風呂に入ることによる「体力の消耗」や「湯冷め」は、ちょっと気をつければ、十分に防ぐことができてしまいます。

「風邪を引いた時には、むしろ風呂に入った方がいい」というお医者さんもいるくらいです。

風邪を引いている時に、風呂に入るか否かは、その時の身体の状態を考えて判断することになりますが、風呂に入る場合でも、「湯冷め」「体力の消耗」には、特に注意する必要があるといえそうです。

風呂上がりの湯冷め

入浴後は、血管が拡張した状態になっていて、体にも、水滴がついたままになっていることが多いので、そのままにしておくと、すぐに体が冷えてしまいます。

体が冷えると、抵抗力や治癒力が低下してしまうので、風邪の症状も悪化しやすくなってしまうといわれます。

特に、風邪を引いている時に入浴した際には、風呂から上がった後は、しっかりと体を拭いて、体が冷えないうちに布団に入るなどして、「湯冷めをしないようにする」ことが大切です。

高温の風呂での体力の消耗

風邪を引いている時は、体が弱っているので、体力を消耗しやすい、高温の風呂は避けて、40℃前後のぬるめのお湯に短めに浸かるようにするなど、できるだけ、体に負担がかからないようにして、「体力の消耗を避ける」ことが肝心だといわれます。

ただ、症状が酷い場合は、すでに、相当の体力を消耗しているので、やはり、入浴は避けた方が無難なようです。

風邪を引いたとき風呂に入ることで期待できるプラス効果

風邪を引いたとき風呂に入ることで、次のようなプラスの効果が期待できるといわれています。

・血行促進
・筋肉の緊張緩和
・鼻水症状の緩和
・のどの保湿とウイルス活性の抑制
・分泌物の除去による皮膚の新陳代謝の改善

風邪を引いている時に入浴することで、体力を消耗したり、湯冷めをしたりすることが、風邪の症状にはマイナスになるともいわれますが、
40℃前後のお湯にさっと浸かれば、体力の消耗も少なくてすみ、体が冷える前に布団に入れば、湯冷めの心配もほとんどありません。

また、風邪を引いた時に風呂で温まってから寝ると、体力の回復に役立ち、心地よく眠りにもつけるともいわれます。

さらに、水蒸気が喉や鼻に適度の湿気をもたらしてくれるので、さっぱりした気分にもなります。

お風呂に入って体温を上げることで、体が熱を逃がそうとするので、解熱剤よりもゆるやかに、体温を下げる効果が期待できるともいわれています。

免疫力アップ

体温が1度上がると、免疫力が、5~6倍程度増加するといわれます。

風呂に入って体が温まり、免疫力が高くなれば、それだけ抵抗力が強くなって、風邪ウィルスを撃退しやすくなるともいわれます。

風邪を引いている時でも、40℃前後の風呂に10~15分程度を目安に入浴することで、体への負担も少なく、適度に体が温まり、免疫力アップの効果が期待できるというわけです。

まとめ

風邪をひいた時には、安静にするというのが、基本中の基本です。

38度以上の高熱、酷い悪寒、全身の倦怠感などがある場合は、入浴は、控えた方が無難なようですが、身体の状態によっては、風邪を引いていても、風呂に入った方が、良い効果が期待できる場合もあります。

風邪を引いた時には、自分の身体の状態を見ながら、入浴するかどうかを判断することがポイントになりそうです。

スポンサーリンク

からだ
aoiをフォローする
ちょっと気になる役立つ情報