暗いところで読書をすると「目が悪く」なるというのは本当?

「そんなに暗いところで本を読んでいると、目が悪くなるからやめなさい!」と、お母さんから注意されることがあります。

しかし、暗いところで読書をすると、本当に目が悪くなるのでしょうか。

医学的な根拠はない

「暗いところで読書をすると目が悪くなる」というのは、医学的には根拠がないといわれています。

「視力低下」の最も大きな原因になっているのは「近視」ですが、
近視は、「目の水晶体」の厚みをうまく調節できなくなって、焦点が合わない状態とされています。

近視は、目の構造的なことが原因になっているとされていて、近くのものを見続けると「近視になりやすい」とされていますが、
近視に「明るさ」は、あまり関係がないといわれています。

暗い場所での読書

「近視に明るさはあまり関係がない」としても、「暗い場所」で読書をすると、字が見えにくいので、無意識に「本を近づけて」読むようになるといわれています。

こうなると、「近いものを見続ける」ことになるので、結果的に、近視になりやすい状態になってしまいます。

「明るさ」が、直接的に近視に影響を及ぼすことはないかもしれませんが、
「暗い」という環境が、間接的に近視になりやすい状況を作りだしているということは、あるのかもしれません。

一時的に視力が低下

暗い場所にいると、目はたくさんの光を取り入れようとして、「瞳孔」が開くとされています。

それとは反対に、読書などで近くのものを見るときには、目は「瞳孔」を縮めようとするのだといいます。

「暗い場所」で読書をすると、「瞳孔」が、それぞれ逆の方向に働こうとするので、目が緊張して疲れた状態になってしまうといわれます。

このことが、視力の低下につながるということはないとされていますが、「一時的にものが見えにくくなる」ということはあるといわれています。

目が疲れると、「焦点があいにくくなったり」「ぼやけたり」「かすんだり」することがあるので、目が悪くなったと「勘違い」してしまうことがあるかもしれません。

しかし、長期的な視力の低下につながることは、ほとんどないといわれています。

ただ、「疲れ目が慢性的に続くと、視力低下につながる」という説もあるようです。

読書は、明るいところでした方が目が疲れにくいというのは、確かなことなので、やはり、暗いところで長時間読書をするのは、避けた方が無難のようです。