「焦げたものを食べるとガンになる」というのは本当?

「焦げたものを食べるとガンになる。」と言われることがあります。

この言葉を信じて、「焼肉」や「焼き魚」の黒く焦げたところは、食べずに残しておくという人もいるようですが、
本当に、焦げたものを食べるとガンになるのでしょうか。

「発ガン性物質」と「焦げ」

「焦げを食べるとガンになる」と言われるようになったのは、1978年(昭和53年)以降のことだといわれています。

1978年に、国立がんセンターが「がんを防ぐための12か条」を発表していますが、その中に「焦げた部分は避ける」という一文があったといいます。

これをマスコミが取り上げたことによって、「焦げ=ガン」というイメージが、定着していったといわれています。

「発ガン性物質」が含まれるのは、「肉」や「魚」などの「動物性たんぱく質の焦げ」とされていて、「ご飯」や「野菜」の焦げは心配ないといわれます。

焦げの「量」

実際に、マウスを使った動物実験が行われていますが、この実験で、発ガン性が認められたのは、「大量の焦げを、1年間食べ続けた場合」だったとされています。

人間に換算すると、「体重の約4倍(体重60kgの人なら240kg)の焦げを、毎日食べ続けた場合」に相当するといわれます。

現実的には、あり得ない状況です。

また、別の実験では、「人の細胞が、焦げによって異変を起こす可能性は、マウスの10分の1程度しかない」ということも分かっているといわれます。

ということなので、普段の食事レベルでは、ガンを心配して、焦げを食べることに神経質になる必要はなさそうです。

ガンの発症を防ぐために

ガンの発症リスクを高める要因は、「焦げ」以外にも、たくさん存在するといわれます。

ガンは、一つの要因というよりも、複数の要因が重なって発症するものと考えられているので、普段の生活習慣や食生活の中で、ガン予防を心がけることが肝心といえそうです。

ちなみに、2011年に「国立がん研究センターがん予防・検診研究センター」がまとめた「がんを防ぐための新12か条」が公開されていますが、そこには「焦げ」についての記載はありません。

「がんを防ぐための新12か条」
1.たばこは吸わない
2.他人のたばこの煙をできるだけ避ける
3.お酒はほどほどに
4.バランスのとれた食生活を
5.塩辛い食品は控えめに
6.野菜や果物は不足にならないように
7.適度に運動
8.適切な体重維持
9.ウイルスや細菌の感染予防と治療
10.定期的ながん検診を
11.身体の異常に気がついたら、すぐに受診を
12.正しいがん情報でがんを知ることから