「甘いものは別腹」というのは本当?

美味しいフルコースの締めくくりの「デザート」。

コース料理を食べ終えて、お腹いっぱいでもう食べられないと思っていても、デサートのスイーツとなると、案外すんなりと食べてられてしまうことがよくあります。

よく「甘いものは別腹」といいますが、
実は、この「別腹」ができるというのは、「本当」のことだといわれています。

「別腹」ができることは、科学的にも証明されていました。

「別腹」がつくられる仕組み

「別腹」には、脳の働きが関係しているとされています。

体のエネルギーが少なくなってくると、脳の「摂食中枢」が働いて「空腹感」を感じ、食欲がわいてきますが、これが「空腹」の状態といわれます。

食事をして胃が満たされてくると、今度は「満腹中枢」が働いて「満腹感」を感じますが、
この時に「大好きな食べ物」などを目にすると、満腹でも、脳の前頭葉が「摂食中枢」を刺激して「食欲」を感じさせるといわれています。

しかし、いくら摂食中枢が刺激されても、物理的に「胃がいっぱいの状態」になっていると、それ以上は、食べられないような気もしますが、
「胃がいっぱいの状態」になっていても、まだ食べられるようになる「仕組み」があるといいます。

摂食を促進するオレキシン

甘い物など「大好きなもの」を見ると、摂食を促進する「オレキシン」というホルモンが分泌され、消化器官の活動が活発になって「食欲」がわいてくるとされます。

オレキシンが分泌されると、これから食べ物を受け入れるために、「胃の中にあるものを小腸に送り出す運動」が促進されて、胃の上部に「スペース」が作り出されるのだといいます。

この「スペース」こそが「別腹」の正体というわけです。

「甘いものは別腹」というのは、本当だったというわけです。

ただ、いくら「別腹」ができたとしても、健康のためには、カロリーの摂り過ぎには、十分に注意をする必要がありそうです。