緊張するとトイレが近くなる理由は?

大事な会議や試合などの前に、緊張して、何度もトイレに行きたくなって困ってしまうことがあります。

強い緊張状態になると、ついさっきトイレに行ったばかりなのに、またトイレに行きたくなるということがありますが、こんな時には、トイレに行っても、ほとんど尿はでません。

緊張すると、尿がたまっていなくても「トイレに行きたくなってしまう」のは、どうしてなのでしょう。

緊張感によるストレス

「尿意」を感じるのは、膀胱に尿がたまって膀胱壁が伸び、その信号が、知覚神経を通って脳に伝わったとき
とされています。

信号をキャッチした脳の「排尿中枢」から指令が出ると、尿道が開いて、膀胱が縮むことで、たまっていた尿が「排尿」されます。

「トイレに行ったばかりなのに、またすぐに尿意を感じる」というのは、「緊張」によって脳が強いストレスを受けて「神経過敏」になり、「排尿中枢」が膀胱のわずかな変化も感じとってしまうからといわれています。

本来なら、排尿の指令は、膀胱から信号を受けた後に出されますが、脳がストレスを受ると
膀胱から信号を受ける前に、膀胱に指令を送ってしまうといわれます。

指令を受けると「膀胱が収縮」するので、尿がたまっていないのに「尿意を感じて」、トイレに行きたくなるというわけです。

こんな時は、尿がたまっているわけではないので、トイレに行っても、尿が出ることは、ほとんどありません。

多くが一過性

「緊張してトイレに行きたくなる」というのは、多くの場合は、強い緊張状態のときに起こる「一過性」のものとされます。

ただ、ストレスが続くと、それほど強く緊張しなくても、尿意を感じるようになることもあるといわれます。

膀胱は「心臓の鏡」ともいわれるほど、心理的な動揺の影響を受けやすい「デリケートな器官」といわれます。

膀胱を過度に刺激しないためにも、できるだけリラックスできる時間をつくるようにして、ストレスを発散するようにしたいですね。