情報を調べる

冠婚葬祭の「冠」「祭」は何を意味している?

「冠婚葬祭」という言葉あります。

日常生活の中でもよく使われる言葉で、四つの意味が含まれているということは何となく分かりますが、それぞれが何を意味しているかということがはっきりと分かっている人は、少ないのではないでしょうか。

「婚」は結婚に関すること、「葬」は葬式に関することということで分かりやすいですが、「冠」と「祭」は何を意味しているのでしょうか。

冠婚葬祭とは

冠婚葬祭は、古来から重要とされている人生において行うさまざまな通過儀礼といえます。

人生の節目に行われるもので、元は、儒教の影響を受けているともいわれています。

具体的にいうと、冠は「元服」、婚は「婚礼」、葬は「葬式」、祭「先祖」に関する儀礼ということになりますが、ただ、元服と聞いても、現在ではほとんど使われない言葉なので、どういうことを指しているのかも分からないですし、先祖と言われても、先祖の何に対しての儀礼なのか、はっきりとは分かりません。

「冠」と「祭」について、詳しく見てみます。


「冠」の意味

ずっと以前は、男子が15歳前後になると、成人の儀式として「元服」という儀式が行われていました。

元服の「元」は「頭」、「服」は「着る」ということを表し、「元服」とは「頭に冠をいただく」という意味があるとされています。

「頭に冠をいただく」元服は、成人する際の儀式でした。

冠婚葬祭の「冠」は、この「元服」のことを指していて、現在でいえば、成人の儀式である「成人式」を指すといえます。

平成12年(2000年)にハッピマンデー制度により、「成人の日」は1月の第2月曜日になりましたが、それ以前は、元服が行われることが多かった1月15日が成人の日であったということからも、「冠」=「元服」=「成人式」といえそうです。

お祝いの儀式

「冠」は、もともとは「元服」「成人」というような意味合いでしたが、現在の冠婚葬祭の「冠」には、成人以外にも、以下のような人生の節目のお祝いなどが含まれるとされています。

・誕生
・お宮参り
・初節句
・七五三
・入学
・卒業
・就職
・長寿祝い など

「祭」の意味

もともと「祭」は、先祖を祭ったり、供養したりするという意味合いでした。

正月、盆、彼岸など、先祖に関わることが「祭」の主な行事でしたが、長い月日が経過していく中で、先祖に関わる行事以外の季節ごとの行事なども「祭」の行事として定着していったとされています。

季節ごとの行事

先祖を祭るということが中心だった「祭」の行事ですが、現在一般的に行われている年中行事的な行事も含めた「祭」としての行事には、次のようなものがあります。

・正月
・節分
・節句(桃の節句、端午の節句)
・七夕
・盆
・彼岸
・法事 など

まとめ

冠婚葬祭には、めでたい行事(慶事)と、お悔やみの行事(弔事)とがあります。

「冠・婚・祭」は慶事で、「葬」は弔事です。

また、冠婚葬祭の「婚」と「葬」は、婚=婚姻、葬=葬儀と、対象が限定されているため、接する機会がない年もありますが、「冠」と「祭」は、対象となる行事が多いので、接する機会も多くなります。

特に「祭」は、毎年の年中行事といえる行事が多く含まれているので、毎年必ず接する馴染み深い行事だといえます。

人生の節目のお祝いや季節の行事も多く含まれている冠婚葬祭は、特に意識しなくても、自然に行っている、生活の中に溶け込んだ行事も多いです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする