情報を調べる

おみくじの公式の順番は? 内容の見方(読み方)と言葉の意味の一覧

神社やお寺に参拝したときなどには、おみくじを引くこともよくありますが、このおみくじには、吉や凶以外にも様々な内容の文面が書かれています。

おみくじを引いた時に一番気になるのが、大吉、吉、凶などの運勢です。

この運勢がどうなっているかを見るために、おみくじを引くという人も多いはずです。

しかし、大吉が一番良くて、凶は良くないということは分かりますが、吉と中吉ではどちらが良いのか、小吉と末吉ではどうなのかなど、おみくじの良い順番がはっきりと分かっている人は、そんなに多くはないでしょう。

また、おみくじには、漢詩や和歌、詳しい運勢なども書かれていますが、これらの内容を読んでもあまり意味がよく分からないので、読み飛ばしてしまうという人も多いです。

吉・中吉・小吉・末吉など、おみくじの吉凶の公式の順番はどうなっているのか、また、書かれている文面の言葉の意味や見方・読み方などについて紹介します。

おみくじの順番

おみくじの起源

古来から日本では、まつりごとの重要な決定や、重要な地位にある人の後継者を選ぶときなどに、神様の意思を占うために「くじ引き」をすることがありましたが、これが「おみくじ」の起源とされています。

その後、平安時代に天台宗の僧侶・元三大師(がんざんだいし)良源が、信者からの相談に五言絶句で応えたのが現在の「おみくじ」の最初だといわれています、

引いたおみくじで一番気になるのが、「吉」なのか「凶」なのかということですが、おみくじは、吉凶の順番を目的として引くのではなく、おみくじの内容の意味をよく理解してそれからの生活に活かしていくことが大事なことだとされています。

引いたおみくじが凶であったとしても気を落とすことなく、おみくじに書かれている運勢などの内容の文面をじっくり読んで、良い方向へ進んで行くための神様からのアドバイスにするというのが、おみくじの本来の役割でもあるというわけです。


おみくじの公式の順番

とはいっても、やはり、おみくじの吉凶の順番は気になるものです。

おみくじを引く多くの人が、運勢が良いとされる「大吉」を引くことを期待しておみくじを引いていることは、疑いのないところでしょう。

大吉を引けば、運勢を読む前から大喜びですが、小吉や末吉などの「_吉」を引いた時には、凶ではないので、そんなに悪い運勢ではないということは分かりますが、それが、どれほどの運勢を表しているのかがはっきりと分からないので、反応も微妙な感じになってしまいます。

吉と中吉ではどちらが良いのか、小吉と末吉ではどうなのか、はっきりとおみくじの良い順番が分かっている人は、そんなに多くはないでしょう。

おみくじについては、全国の神社を統括する宗教法人・神社本庁の公式サイトでも紹介されています。

一般的に「おみくじ」は、個人の運勢や吉凶を占うために用いられているわけですが、種類もいろいろとあり、神社ごとに工夫も窺うことができます。その内容には吉や凶、または大吉・中吉・小吉・末吉という吉凶判断、金運や恋愛、失(う)せ物、旅行、待ち人、健康など生活全般に亙る記述を見ることができます。

引用:神社本庁 http://www.jinjahoncho.or.jp/iroha/omairiiroha/omikuji/

これによると、「大吉・中吉・小吉・末吉」の順序で記載されているので、凶を含めると、おみくじの順番は「大吉・中吉・小吉・末吉・凶」であることは間違いなさそうですが、問題は「吉」の順番です。

以前の神社本庁の公式サイトでは「大吉、吉、中吉、小吉、末吉、凶」との記載がありましたが、現在のサイトでは「吉」がどの位置に入るかの明確な記載はありません。

実際のところ、吉の順番については、それぞれの神社によって違いがあるようで、「コレがおみくじの公式の順番」という明確なものはないというのが現状のようです。

おみくじの区分けの多い神社では、

「大吉>吉>中吉>小吉>半吉>末吉>末小吉>平>凶>小凶>半凶>末凶>大凶」

などというような順番になっているところもあります。

「吉」の良い順番

おみくじの良い順番は、「大吉>>中吉>小吉>末吉>凶」が基本といわれることもあるようですが、「吉」の順番は、神社によって違いがあります。

「大吉>中吉>>小吉>末吉>凶」
「大吉>中吉>小吉>>末吉>凶」

など、吉の順番は、それぞれの神社によって様々です。

また、おみくじ全体の「吉凶の割合」もそれぞれの神社によって様々で、凶の本数を減らして吉を多くしていることもあれば、逆に凶の本数が多いこともあり、吉を引く確率や凶を引く確率もそれぞれの神社によって様々です。

詳細については、おみくじを引いた神社に確認してみましょう。

「平」

おみくじには、「吉」「凶」以外にも「平」(「たいら」または「ひら」)という馴染みのないものもありますが、これは「可もなく不可もなく」という意味で、順番としては、凶の前となります。

平が入っている神社は非常に少ないですが、「厳島神社」のおみくじは、平が入っていることで有名です。

平というおみくじは、全国的に見ても少ないので、平を引くと大吉以上にラッキーと感じる人もいるといわれています。

有名な神社仏閣のおみくじの順番

成田山新勝寺のおみくじ

千葉県の成田山新勝寺は、初詣には約300万人もの人が参拝する人気のお寺ですが、1月1日~28日の間は、期間限定で、おみくじの自販機が設置されることでも有名です。

成田山新勝寺のおみくじの順番は、

「大吉>吉>半吉>小吉>末吉>凶」

となっていて、「中吉」ではなく「半吉」となっているのが特徴です。

「半吉」と聞くと、そんなに良くないと感じるかもしれませんが、順番としては吉の次になるので、結構いい順番といえそうです。

浅草寺のおみくじ

「凶が出やすい」といわれているのが、浅草寺のおみくじです。

浅草寺のおみくじの順番は、

「大吉>吉>半吉>小吉>末小吉>末吉>凶」

となっていて、こちらも、半吉や末小吉など、馴染みの浅いものがあります。

浅草寺では100本あたりの、それぞれのおみくじの割合が決まっていて、その割合は、

大吉:17本
吉:35本
半吉:5本
小吉:4本
末小吉:3本
末吉:6本
凶:30本

とされています。

確かに、凶の本数が多いです。

全体の約3分の1が「凶」ということになるので、「凶が出やすい」というのは、単なるうわさではなかったようです。

京都伏見稲荷大社のおみくじ

京都伏見稲荷大社のおみくじは、種類も多く、その内容もとても珍しいです。

大大吉(だいだいきち):願いが叶う最高の幸運
大吉(だいきち):大変良い運
向大吉(むこうだいきち):大吉に向かう良い運
末大吉(すえだいきち):いずれは大吉に
吉凶未分末大吉(よしあし いまだわからず すえだいきち):吉凶はまだ分からないが、いずれは大吉に
(きち)
中吉(きゅうきち)
小吉(しょうきち)
後吉(のちきち):今後は吉に
末吉(すえきち):いずれは吉に
吉凶不分末吉(きちきょう わかたず すえ きち):吉凶は分けられないが、いずれは吉
吉凶相交末吉(きちきょう あいまじり すえ きち):吉凶が交じっているが、いずれは吉
吉凶相半(きちきょう あいなかばす):吉と凶が半々
吉凶相央(きちきょう あいなかばす):吉と凶が半々(吉凶相半とほぼ同じ)
小凶後吉(しょうきょう のち きち):多少の苦難はあるが、その後は吉に
凶後吉(きょう のち きち):苦難が多いが、その後は吉に
凶後大吉(きょう のち だいきち):苦難の多い凶を超えれば、その後は大吉に

京都伏見稲荷大社のおみくじは、凶が含まれるものがあっても、「凶」そのものはなく、努力などによって、いずれはいい運勢が得られるという希望が持てる内容になっているのが特徴です。

おみくじには、元々「吉」「凶」しかなかった

「吉凶」というように、元々おみくじには、「吉=良い運勢」「凶=悪い運勢」しかなかったといわれています。

しかし、それだけでは、どれほどの運勢なのかが分かりにくいので、階層が作られたとされています。

階層の作り方としては、吉と凶の上下に「大吉=非常に良い運勢」「大凶=非常に悪い運勢」が作られ、そこに「中」「小」「末」といった言葉を加えてさらに細分化されていきました。

中吉、小吉、末吉などは、それぞれの神社で独自に生まれてきたものなので、各神社によって解釈に違いがあるといわれています。

「大吉>吉>凶>大凶」という順番の中に、中吉、小吉、末吉などを加える際、どこに入れればよいかということを各神社で判断していったため、神社によって吉、中吉、小吉、末吉の順番に違いがあるというわけです。


おみくじに書かれている内容の意味

おみくじの運勢

おみくじを引いた時には、大吉や凶といった吉凶を見るだけで、運勢に書かれている内容は、ほとんど読まないということはないでしょうか。

おみくじでは吉凶も大事ですが、それよりも大切なのが「運勢」にどういう内容が書かれているかということです。

おみくじは、神様からのメッセージで、運勢に書かれている内容は、そのメッセージを簡潔に表したものとされています。

どうしても、吉凶の結果が気になってしまいますが、運勢の内容を読んで、その意味をしっかりと理解した上で、それ以降精進して過ごしていくことが肝心です。

特に大吉を引いた場合は、これに慢心しないようにし、逆に、凶を引いた場合でも、今がどん底ならば、これ以上落ちることが無いと前向きに考えることが大切だとされます。

おみくじの漢詩・和歌

おみくじの漢詩和歌は、おみくじのルーツの名残りといえるものです。

おみくじは、天台宗の僧侶・元三大師(がんざんだいし)良源が、信者からの相談に五言絶句で応えたのが起源になっているといわれていますが、この名残りが今のおみくじの漢詩や和歌として残っているといわれています。

最近では、漢詩や和歌の解説が付されたおみくじも多くなり、内容や意味も分かりやすくなっているものが多くなっています。

おみくじの運勢の言葉の意味の一覧

おみくじの運勢に書かれている言葉は、現代の言葉で分かりやすく書かれていることもありますが、聞き慣れない言葉が書かれていることも結構あります。

一般的におみくじに使われている言葉の意味を一覧にして紹介します。

「おみくじに使われている言葉の意味」

・争事・争い事(あらそいごと):他人とのいさかい、争い、喧嘩、訴訟

・出づ(いづ):出てくる、現れる、発生する

・出ずべし(いづべし):出てくるだろう

・出でず(いでず):出てこない

・失物・失せ物(うせもの):失くした物、落とし物

・抱人・抱え人(かかえびと):使用人、雇い人

・訓(くん):教える、物事の意味を説く

・障り(さわり):問題、障害

・耺・職(しょく):職業、仕事

・相場(そうば):株、株式相場

・造作(ぞうさく):家の建築、改築

・平(たいら):普通、平凡

・旅立ち(たびだち):旅行

・便り・たより(たより):連絡、知らせ

・土木(どぼく):家の建築、改築

・走人・走り人(はしりびと):失踪者・消えた人

・本復・本服(ほんぷく):病気の回復、地位や名誉の回復、財産が戻ってくる

・待人・待ち人(まちびと):人生を良い方向に導いてくれる人

・向吉(むこうきち):これから吉に向かう

・凶向吉(きょうむこうきち):今は悪いが後で良くなっていく

・家移り・屋移り(やうつり):引っ越し、転居

・安し(やすし):簡単、容易、難なくできる

・病事(やまいごと):病気に関すること

まとめ

おみくじに書かれている内容は、良い方向へ進んで行くための神様からのアドバイスです。

運勢は、日々の努力で変えていくことができるとされているので、引いたおみくじの吉凶に一喜一憂することなく、書かれている運勢などの内容の文面をじっくり読んで、それからの生活に役立てていくというように、前向きに考えるようにしましょう。

引いた後のおみくじは結ぶ?それとも持って帰る? >




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする