録音した自分の声が「変に聞こえる」理由は?

ビデオカメラやボイスレコーダーなどに録音された自分の声を聞くと、いつもの自分の声とは違って、他人がしゃべっているような、変な感じがします。

しかし、自分以外の周りの人たちは、録音された声も、普段と変わらない声をしています。

どうして、自分の声だけが、変に聞こえるのでしょう。

機械的な要因

録音機器は、マイクから入ってきた声を、「デジタル信号」や「電気信号」に変えて録音しています。

この際に、マイクが拾う音と、人間が耳で聞く音とで、差ができてしまうといわれます。

また、機器によって、拾う音や、強調したりする音の周波帯に、違いがあったり、スピーカーから音が出る際にも、ゆがみが生じたりするともいわれます。

こういった、録音機器の性能によっても、実際の声とは、違った聞こえ方をすることがあるといわれています。

「声の伝わり方」が原因

「他人の声」は、空気を伝わって耳に入り、内耳で、電気信号に変換されて、脳に伝わります。

一方で、「自分の声」は、骨を通しても伝わってきますが、これは、「骨導音」と呼ばれています。

「骨導音」に対して、空気を通して伝わってくる音は、「気導音」と呼ばれます。

他人の声は、「気導音」だけが聞こえますが、
自分の声は、「気導音」と「骨導音」とが合わさって聞こえています。

この、自分だけが聞くことのできる「骨導音」が、録音した声に違和感を感じる、最大の原因とされています。

普段、自分が聞いている自分の声は、「気導音」+「骨導音」ですが、録音した時に聞く自分の声は、「気導音」だけです。

骨は、低い音を伝えやすいので、普段、自分が聞いている、自分の声は、周りが聞いている声よりも、「低く、太く」聞こえています。

録音で聞いた、自分の声は、自分では、変だと思っても、周りで聞いている人にとっては、普段聞いている声と、ほとんど同じなので、何とも思わないというわけです。

自分で聞いている声と、他人が聞いている声。

本当の自分の声は、どちらなのでしょう。