「女の勘は鋭い」というのは本当?

嘘をついたときにとる行動は、男性と女性とでは、全く異なるといわれています。

ある人に対して嘘をついたとき、ほとんどの男性は、目をそらしますが、女性は、逆に、相手の目を見つめることが多いといわれます。

男性は、バレるかもしれないという不安と、嘘をついたという罪悪感から、相手の目を見ることができないことが多いようですが、
女性は、嘘が見破られるのではないかという不安から、相手から目が離せなくなるといいます。

女性は、相手の表情をしっかりと見て、バレていないかどうかを、読み取ろうとするというわけです。

女性は、男性の4倍の「観察力」

一般的に、「女性は、勘が鋭くて、男性のついた嘘を見破りやすい」といわれます。

また、女性は、観察力が優れていて、男性の約4倍の観察力があるともいわれます。

女性の脳は、右脳と左脳をつなぐ「脳梁」の断面積が、男性よりも大きいので、見聞きした情報を、右脳と左脳を同時に使って、判断しやすいとされています。

「左脳」は、「推理力」「論理力」「計算力」などに長けていているといわれます。

一方、「右脳」は、「見分ける力」「記憶力」「直感力」に長けていて、過去の発言との食い違いや、なんとなく様子がおかしい、などといったことを見分けるのが、得意とされています。

女性は、この両方の脳力を、同時に使うことができるので、男の嘘を見破りやすいというわけです。

男性はというと、観察をする時には、主に左脳だけを使うので、女性のように、過去の発言や状況などと比べるという、総合的な判断が苦手で、嘘を見破りにくいというわけです。

一般的に、男性に比べて、女性の勘が鋭いというのは、確かなことのようなので、男性が女性に対して嘘をつくのは、ひょっとすると、無駄な抵抗なのかもしれません。