標高の基準は「国会議事堂」にあった!

日本一高い山「富士山」の標高が、「3,776m」というのは、よく知られています。

山の高さをあらわすのに「標高〇〇m」という言い方をします。

「標高」と同じように、高さを表す言葉に「海抜」がありますが、「標高」も「海抜」も、「平均海水面」を「0メートル」とした時の高さのことです。

日本水準原点

「標高」も「海抜」も、平均海水面からの高さを表しますが、「山の高さ」「土地の高さ」「一般的な地理上の高さ」を表すときには「標高」が、海の近くで「津波」や「高潮」の災害対策のときなどには「海抜」が使われることが多いようです。

「平均海水面」は、日本では、「東京湾」を基準としているといわれます。

しかし、「満潮時」と「干潮時」とでは、海面の高さが違うので、どの高さが、基準になるのかを、決めておかなければなりません。

そこで定められたのが、東京湾の平均海面を基にした「日本水準原点」です。

国会議事堂に設置

「日本水準原点」は、「国会議事堂」の前庭にある、神殿風の建物に収められていて原点の「標高」は、「24.3900メートル」とされています。

設置された当初は、標高「24.5メートル」でしたが、1923年(大正12年)の「関東大震災」による地殻変動で、「24.4140メートル」に変更され、2011年(平成23年)の「東日本大震災」以降に、現在の「24.3900メートル」になったとされています。

以前は、日本水準原点は、隅田川河口の霊岸島で観測された数値でしたが、現在は、神奈川県三崎の油壺験潮場での潮位観測と、定期的に行われる、水準原点と油壺間の水準測量によって、点検されているとわれています。

日本の「立法の中心地」の国会議事堂は、「高さの中心地(基準地)」でもあったというわけです。