「匁(もんめ)」は、真珠の重さの世界公式単位!

日本で古くから使われていた「尺(しゃく)」や「貫(かん)」などの「尺貫法」(昭和33年(1958年)に廃止)の単位は、今では、ほとんど使われなくなっています。

唯一、今でもよく使われるものに、不動産の「坪(つぼ)」がありますが、これも、正式には認められていなくて、契約書などでは「平方メートル」が使われます。

しかし、真珠の取引に限っては、「尺貫法」に由来する「匁(もんめ)」が、公式の単位として使われています。

この「匁(もんめ)」という単位、どれ位の重さで、また、どのような経緯で、「真珠の取引の単位」に使われるようになったのでしょう。

真珠の国際共通単位「匁(もんめ)」

「1匁」は「3.75g」。

これは、5円玉と同じ重さで、同じく尺貫法の単位だった「貫(かん)」の、1000分の1にあたる重さです。

当初は、1文銭の重さに等しかったことから、「文目」とされていましたが、明治に入ってから、「匁」の字が使われるようになりました。

「匁」は、「文」と「メ」を組み合わせた形ともいわれます。

真珠の国際取引に「匁」が使われているのは、日本が、真珠の養殖を、世界で初めて実用化した国というのが、その理由とされています。

株式会社ミキモトの創業者である御木本幸吉氏が、1893年に、世界で初めて「真珠の養殖」に成功し、日本が、世界の真珠取引の中心としての役割を果たすようになります。

その結果、当時の日本の重さの単位である「匁」が、真珠の国際共通単位となっていったといわれます。

アルファベットでは、「momme」と表記し、「mom」と略して使われます。

日本の計量法では、ひらがなで「もんめ」とするのが、正しいとされています。

ダイヤモンドの大きさを「Carat(カラット)」で表すのと同じように、真珠の単位「もんめ(momme)」は、世界中で使われています。

国際舞台で活躍する「もんめ(momme)」は、日本の真珠の素晴らしさの象徴であるといえるのかもしれません。