支払いで「一度に使える硬貨の枚数」は「20枚」まで!

貯金箱いっぱいに100円硬貨が貯まったので、前から欲しかった洋服を買おうと、貯まった「200枚」の100円硬貨を持って、お店で買い物をしようとしても、たくさんの硬貨での支払いは、断られてしまうことがあります。

確かに、数えるのは大変かもしれませんが、お店が、枚数が多いという理由で、硬貨での支払いを、拒否することができるのでしょうか。

一度に使える硬貨は「20枚」まで

硬貨は、一度に使える限度が、法律で定められています。

「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」第7条に、「貨幣は、額面価格の二十倍までを限り、法貨として通用する」とあります。

ここでいう「貨幣」とは、「五百円」「百円」「五十円」「十円」「五円」「一円」の六種類のことで、いわゆる、「硬貨」のことです。

「硬貨」は、それぞれ額面の20倍まで(20枚まで)が、法の下で、その価値を認められた法貨として通用する、と定められているので、同じ額面の硬貨を、21枚以上出して買い物をしようとした時には、お店は、それを拒否することができるというわけです。

あまりにも、多量の硬貨だと、「計算」や「保管」に手間がかかり、お店が、不利益をこうむることにもなりかねない、ということが、その理由とされています。

確かに、1万円の買い物をして、1円玉1万枚で支払いをされたら、お店のほうも、困ってしまうかもしれません。

ただ、21枚以上の硬貨でも、お店が、拒否しなければ、使うことができます。

この制度ができたのは、貨幣制度が「金本位制」だった頃のことです。

銀以下の素材で作られた硬貨を、補助的なものとして、取り引きを制限していたという歴史に、由来しているようです。

これは、あくまでも「硬貨」に関してのことで、「紙幣」については、こんな制限は設けられていません。

「紙幣」で買い物をする場合には、「1,000枚」の1,000円札で、100万円の買い物をしても、まったく問題はありません。