アンデスメロンの「名前の由来」が面白い!

メロンには、いろいろな種類がありますが、その中に「アンデスメロン」というメロンがあります。

「アンデスメロン」と聞くと、南米の「アンデス山脈」が思い浮かぶかもしれませんが、アンデスメロンの「アンデス」は、アンデス山脈とは、全く関係がありませんでした。

日本で開発された「アンデスメロン」

「アンデスメロン」は、日本で誕生したメロンとされています。

「メロンの王様」といえば「マスクメロン」ですが、マスクメロンは高価なので、一般庶民では、なかなか手を出すことがでません。

そこで、「手頃な価格で、マスクメロンと同じような品質のメロン」ということで開発されたのが、「アンデスメロン」だといわれています。

アンデスメロンは、マスクメロンを意識して開発されたメロンなので、「形」や「味」が、マスクメロンとよく似ています。

アンデスメロンは「安心ですメロン」

「アンデスメロン」は、1977年(昭和52年)に、「坂田種苗(現、サカタのタネ)」によって開発されたメロンです。

開発するに当たっては、「病気に強く、安心して栽培できるメロンの品種」にするということも、大きな方針の一つだったといわれています。

「作って安心」「売って安心」「買って安心という意味から「安心ですメロン」、略して「アンデスメロン」

メロンは、芯をとって食べるので、名前も「しん」をとって「アンシンデス」→「アンデス」というわけです。

高級なイメージがあるメロンですが、アンデスメロンの名前の由来を知ると、とても親しみを感じてしまいます。

プリンスメロンも日本で誕生

ちなみに、「プリンスメロン」も「坂田種苗」によって開発されたメロンとされています。

こちらの名前は、「プリンス会」という「大手果実商の会」に由来しているといわれています。

この会で、新しく開発したメロンを試食してもらい、「これならば売れる」と請け合ってもらったことから、この会の名をとって「プリンスメロン」と名付けられたといわれています。

~・~・~・~・~

メロンの一番の旬は「春から初夏にかけて」といわれますが、マスクメロンなどは、一年を通して出荷されています。

メロンは、「重さがあって、左右対称になっているものが良い」といわれているので、おいしいマスクメロンを選ぶときの参考にするといいかもしれません。