タラバガニは「カニ」ではなく「ヤドカリ」の仲間!

冬の味覚の代表格の「タラバガニ」は、漢字で書くと「鱈場蟹」となります。

タラと同じ北の海の漁場で獲れるので、この名前がつけられたといわれています。

しかし、この「タラバガニ」、実は「カニ」ではなくて「ヤドカリ」の仲間なのだといいます。

「タラバガニ」の外見は「カニ」そのものですが、生物学的には、カニではなく「ヤドカリ」の仲間になるというのです。

タラバガニの脚は「8本」

「カニの脚」は、「ハサミ脚が2本」と「歩脚が8本」の計10本ですが、「タラバガニの脚」は、「ハサミ脚が2本」と「歩脚が6本」の計8本しかありません。

足の数からして、「タラバガニ」は、カニの仲間ではないというわけです。

しかし、実際には、5対目の脚はとても小さくて、甲羅の中に隠れて見えないだけともいわれますが‥。

ヤドカリの特徴をもつ「タラバガニ」

「ヤドカリ」のメスには「腹部の右側へのねじれ」がありますが、「タラバガニ」のメスにも、同じような特徴がみられるといわれます。

その他にも、「触覚の長さ」「はさみ状の足の関節」「卵を産む孔の位置」など、「タラバガニ」には「ヤドカリ」の特徴が備わっているといわれています。

カニの王様

「タラバガニ」は、大きなものになると甲羅は25cm位あり、足を広げると1m以上になるものもあります。

「ズワイガニ」のオスが70cm程度であることを考えると、相当な大きさといえます。

一般的に流通している「ズワイガニ」は、1杯約400~600gなのに対して、
「タラバガニ」は、特大サイズになると約2kg前後にもなるといわれます。

また、「タラバガニ」の足は、ただ太いだけではなく、繊維質が太くてしっかりしているといわれます。

その圧倒的な「大きさ」と「ボリューム感」から、「タラバガニ」「カニの王様」と呼ばれたりもします。

「カニの代表格」といってもいいような「タラバガニ」が、実は、「カニの仲間」ではなくて「ヤドカリの仲間」だったというのは、とても意外なことでした。