犬の嗅覚はどれだけ優れている?人間の100万倍?

犬は、その優れた「嗅覚」を活かして、空港での麻薬の取り締まりなどでも、大活躍しています。

そんなに重要な仕事を犬に任せて大丈夫なのか、とも思ってしまいますが、「犬の嗅覚は、人間の100万倍も優れている」と聞くと納得してしまいます。

人間は「視覚」、犬は「嗅覚」

「人間」には、「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」の「五感」がありますが、外から取り入れる情報は、ほとんどを「視覚」に頼っています。

「犬」も、「人間」と同じように「五感」がありますが、犬の場合は、「嗅覚」が中心になっているといわれています。

犬の「視覚」は、ほぼ「灰色一色」で、人間のように、カラーで景色を見ているわけではないといわれています。

においは、鼻の中の「嗅上皮(きゅうじょうひ)」というところで、キャッチされます。

「人間の嗅上皮」は、「3~7平方センチメートル程度」で、面積にすると「1円玉~10円玉」くらいの大きさとされていて、そこに含まれる「嗅細胞の数」は、「500万個程度」といわれています。

一方「犬の嗅上皮」は、「150~390平方センチメートル程度」とされていて、「人間の50倍以上」にもなりますが、こちらを面積にすると「1000円札」くらいの大きさがあり、そこに含まれる「嗅細胞の数」は、「約2億2千万個」といわれていて、人間を、はるかに圧倒しています

ドラマなどで、警察犬が犯人の持ち物を手がかりに、追跡していくシーンがありますが、あれは、誇張した演出というわけではないようです。

人間は、1リットルの空気中に、400億分の1のアンモニアがあれば、嗅ぎ分けられますが、犬は、さらに、それの「100万分の1」のアンモニアでも、嗅ぎ分けてしまうといわれています。

これを「視覚」に例えていうと、「人間」が「肉眼」で見ているものを、「犬」は「顕微鏡」で細かいところまで見ている、というような感覚かもしれません。

遠くのにおいは「苦手」

犬の嗅覚が優れているということは、間違いありませんが、それは、ごく僅かなにおいでも、嗅ぎ分けることができるということで、距離が離れた「遠くのにおい」を、嗅ぎとることができるということではありません。

犬が、においを嗅ぎ分けられるのは、距離にして「数メートル内」くらいだとされています。

ドラマなどで、警察犬が「におい」をたよりにして、犯人を追っていくシーンがありますが、これは、数メートル内に点在している犯人の足跡などのにおいを、順に追っていっているという想定です。

遠く離れた場所にいる犯人のにおいを、鋭く嗅ぎ分けているというわけではありません。

短頭犬種は、嗅覚が劣る

全般的に、「犬の嗅覚」は優れていますが、すべての犬種の犬の嗅覚が、優れているわけではありません。

中でも「短頭犬種」は、「嗅覚があまりよくない」犬種といわれています。

「短頭犬種」とは、「ブルドッグ」や「パグ」などの、「鼻が低い犬種」です。

短頭犬種の嗅覚が劣っているのは、嗅上皮の面積が小さいほか、嗅球がつぶされて、機能不全に陥っているためではないかと考えられています。

においの階層化

犬には、「においの階層化」という、特殊な能力もあるといわれています。

「においの階層化」とは、混じりあった複数のにおいを、それぞれ嗅ぎ分ける能力のこととされています。

例えば、カレーライスのにおいの場合、カレー全体のにおいはもちろんですが、その中に含まれる「タマネギ」「にんじん」「じゃがいも」など、それぞれの食材のにおいまで、嗅ぎ分けることができる能力のことといえます。

犬には、「優れた嗅覚」に加えて、「においの階層化」の能力が備わっているので、「手荷物の中から、麻薬の臭いを嗅ぎ分けたり」「多くの足跡の中から、犯人の足跡だけを嗅ぎ分けたり」することができるというわけです。