「肥満は遺伝する」というのは本当?

「肥満は遺伝する」ということをよく耳にしますが、本当に、肥満は遺伝するのでしょうか。

今は太っていなくても、親が太っていると、自分も、将来あんな太った体になるのではないかと、不安に感じる人も少なくないようです。

肥満の遺伝子

肥満の詳しいメカニズムは分かっていませんが、「代謝」や「食欲」に関係すると考えられる「肥満遺伝子」は存在するといわれています。

「太りやすい体質」というのは、本当にあるということになります。

しかし、「太りやすい体質=必ず太る」というわけではないようです。

「肥満遺伝子」をもっていても、太っていない人もたくさんいるとされています。

肥満の原因

「肥満」の主な原因は、「栄養の摂りすぎ」「運動不足」で、「肥満遺伝子」は、第二の要因にすぎないといわれています。

まずは「生活習慣」、その次が「肥満遺伝子」というわけです。

いくら「肥満遺伝子」があるからといって、「摂取する栄養」が少なければ、太ることはないといわれます。

「母親」も「祖母」も太っていて、「自分」も太っているというような場合は、「肥満の体質」が遺伝している可能性が高いかもしれませんが、「遺伝だから痩せるのは無理」と、諦める必要はないようです。

三世代を通して太っている場合には、「生活習慣」が似ていたり、「同じような食べ物」を食べていることなどが、「肥満の原因」になっている可能性が高いといわれます。

「生活習慣」や「食べ物」などは、肥満遺伝子の有無にかかわらず、変えようと思えば、いくらでも変えることができます。

生活習慣

「肥満遺伝子」だけでなく、「たくさん食べる食習慣」「あまり運動しない生活習慣」などが、親から子へ引き継がれていくことも多いといわれます。

一度、自分の「食習慣」や「生活習慣」を見直してみるといいかもしれません。

「太りやすい習慣」になっていないか、チェックしてみましょう。

食べた「摂取カロリー」と、運動した「消費カロリー」を比べてみて、「消費カロリー」の方が多ければ、皮下脂肪が増えることもないので、太ることはないといえます。

「摂取カロリー」と「消費カロリー」には、「食事」と「運動」が関係していますが、「肥満遺伝子」は関係していません。

太っている人は、絶対的に「摂取カロリー」が過剰となっているといわれます。

「両親」や「祖父母」が太っていて、「自分」も肥満気味の場合は、「肥満遺伝子」が原因の一つにあるかもしれませんが、それ以上に、「食事」や「運動」の方が大きな原因になっていることが多いといわれます。

肥満が気になったら、まずは、自分自身の「食習慣」や「生活習慣」を見直してみましょう。