情報を調べる

お彼岸の意味・由来/期間はいつからいつまで?何をお供えすればいい?

「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように、お彼岸は、春や秋へ季節が移っていく一つの節目になります。

お彼岸といえば、「ぼたもち」「おはぎ」「墓参り」などが思い浮かびますが、そもそも、彼岸にはどのような意味があるのでしょう。

どうして、お彼岸に墓参りをしたり、ぼたもちやおはぎをお供えしたりするのでしょうか。

お彼岸は、他の仏教国にはない、日本独特の文化だったのです。

お彼岸

彼岸とは

「彼岸(ひがん)」は、サンスクリット語の「波羅蜜多(パーラミター)」が語源になっている仏教用語で、「波羅蜜多」を漢訳した「到彼岸」の略語です。

波羅蜜多とは、煩悩や悩みを乗り越えて到達する、悟りの境地のことで、仏教では、先祖は、極楽の世界である「彼岸(ひがん)」にいるとされています。

一方、人間が住んでいる、煩悩や悩みが溢れた世界は「此岸(しがん)」と呼ばれますが、「布施」「持戒」「忍辱」「精進」「禅定」「智慧」の6つの修業(=六波羅蜜)をすることで、此岸から彼岸に行くことができるとされています。

「彼岸」は西に位置し、「此岸」は東に位置するとされていますが、3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」には、太陽は真東から昇って真西に沈むため、一年のうちで、最も彼岸と此岸が通じやすくなる日と考えられ、この時期に先祖の供養をするようになったといわれています。

「彼岸」そのものは仏教用語ですが、「お彼岸」は日本独特の習慣で、正式には「彼岸会(ひがんえ)」と呼ばれます。


お彼岸の期間

お彼岸は、一年に2回、春と秋にあります。

「春分の日」と「秋分の日」、それぞれ、その前後3日間を加えた7日間が「お彼岸の期間」です

春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」、秋分の日は「祖先をうやまい、亡くなった人々をしのぶ」という趣旨があります。

その趣旨が関係しているのかもしれませんが、お彼岸というと「秋のお彼岸」をイメージする人が多いようです。

彼岸の期間のうち、初日を「彼岸入り」、終日を「彼岸明け」、真ん中の春分の日・秋分の日を「彼岸の中日(ちゅうにち)」といいます。

2018年は、春分の日が3月21日、秋分の日が9月23日なので、

2018年は、春のお彼岸の期間が「3月18日~3月24日」、秋のお彼岸の期間が「9月20日~9月26日」ということになります。

お彼岸の墓参り

お彼岸の墓参りは、お彼岸の7日間の期間中、いつ行っても良いととされています。

特に、この日に行くべきというような日はありません。

ただ、実情としては、「彼岸の中日」に墓参りに行くという人が多いようです。

お彼岸の期間中は、毎日墓参りをしなければならないと思っている人もいるようですが、お彼岸の墓参りは、期間中に1回すればよいとされています。

墓参りの時間は、お彼岸に限らず、午前中にお参りにいくというのが一般的ですが、最近では、時間へのこだわりは薄れてきて、午後にお参りに行く人も増えてきているようです。

準備するもの

・線香
・ろうそく
・ライター(マッチ)
・花
・お供え
・墓の掃除用具

墓の掃除

お墓参りに行ったら、まずは、お墓の掃除をしましょう。

・雑草を抜くなど、墓の周りをきれいにする。
・墓石に水をかけて、洗い流す。
・ゴミがたまりやすい水鉢、花立、香立は、特に丁寧に洗い流す。
・墓石の彫刻部分は、歯ブラシなどを使って、細かい汚れも落とす。
・洗い終えたら、タオルなど水気を拭きとる。

お供え

・水鉢にきれいな水を入れる。
・花立てに供花を入れ、お供えする。
・お供え物は直接置かず、二つ折りした半紙の上に置く。

お供え物

ぼたもち・おはぎ

お彼岸のお供えといえば、「ぼたもち」「おはぎ」

「ぼたもち」「おはぎ」どちらも、もち米を炊いて丸め、あんこやきな粉でくるんだものです。

ほとんど同じような食べ物ですが、どこが違うのでしょう。

「ぼたもち」と「おはぎ」は、漢字で書くと「牡丹餅」「御萩」となります。

これは、春のお彼岸の頃には「牡丹の花」が、秋のお彼岸の頃には「萩の花」が咲くことに由来しているといわれています。

実は、「ぼたもち」と「おはぎ」は、基本的には同じ食べ物だったのです。

食べる時期によって、違った呼び方がされていたというわけです。

「ぼたもち」と「おはぎ」に違いを持たせる地域もある

春の「牡丹の花」と、秋の「萩の花」を比べると、牡丹の花の方が大きいので、ぼたもちは「大きめ」に、おはぎは「小さめ」に作るという地域があります。

また、春のぼたもちには「こしあん」を、秋のおはぎには「つぶあん」を使うという地域もあります。

これは、冬を越した春の小豆は、皮が硬くなっているために、つぶして「こしあん」にし、収穫シーズンの秋の小豆は、皮までやわらかいために、「つぶのまま」で使ったことが由来しているといわれます。

この他にも、

「もち米」を使ったものが「ぼたもち」、「うるち米」を使ったものが「おはぎ」
「小豆」を使ったものが「ぼたもち」、「きな粉」を使ったものが「おはぎ」
「餅の状態になるまでついたもの」が「ぼたもち」、「米粒が残ったもの」が「おはぎ」

など、多くの呼び分け方があるようです。

小豆は「邪気を祓う食べ物」

あんこに使われる「小豆」は、古くから「邪気を祓う食べ物」とされてきました。

春は農作物の種をまく季節、秋は収穫の季節です。

これらの時期に、邪気を祓うとされる小豆を使った食べ物をお供えすることで、先祖に感謝するとともに、農作物の豊作を願いました。

季節の花を意識しながら、食べ物の呼び方や形を変え、先祖の供養を行ってきたのです。

ぼたもち・おはぎ以外のお供え

昔は、貴重な砂糖を使って作られた、邪気を祓とされる「ぼたもち」や「おはぎ」は、先祖にお供えするにのに最もふさわしいものでした。

ただ、「ぼたもち」や「おはぎ」は、日持ちするものではないので、みんなが持ち寄ると困ってしまうことも。

基本的に、お供え物は、故人にお供えするものなので、故人の好きだったものをお供えするのが一番ともいわれます。

好きだった食べ物、お酒などをお供えするのは、いい供養になるでしょう。

大切なのは、供養するという「気持ち」なので、故人やその家族が喜ぶお供えを選ぶのがポイントです。

お供えを選ぶポイント

お彼岸のお供えは、実際のところは、日持ちするお菓子などが選ばれることが多いようです。

お供えしたものは、それを下げて、家族が食べることで、故人も彼岸の地で食べることができるのだともいわれます。

このことから、故人は好きだったけれども、今いる家族が食べれないようなものは、できるだけ避けるようにしたいです。

お彼岸に大勢が集まるような場合には、お供え物もたくさんになるので、少しずつ分けて、各自が持ち帰るということも少なくありません。

各自が持ち帰らないとしても、家族が少しずつ食べることになるので、お供え物は「日持ち」するということが大切です。

お供え物にお菓子などを選ぶ際のポイントは、

・小分けできるように、個別包装されているもの
・日持ちするもの

ただ、高齢の方などの場合は、食べるものをお供えされても困ってしまうということもあります。

こんな時には、食べ物でなくても大丈夫です。

お洒落なろうそくや、いい香りの線香などは喜ばれます。

お供え物を選ぶ際には、「故人」と「故人の家族」のことを考えて、お供え物を選ぶということが大切です。

のしの書き方・選び方

結び切りの「のし」

お供え物を別世帯に渡す場合には「のし」を付けますが、お彼岸のお供え物の場合は「結び切り」の水引きになります。

関東では「黒白」の水引き、関西では「黄白」の水引きにすることが多いようです。

「結び切り」は、結び目が容易に解けないことから、悲しみを繰り返さないという意味があります。

水引きの上部には「御供」「お供え」「御仏前」などと書き、下部には渡す人の名前を書きます。

葬式や通夜の場合は、薄墨で書いたりしますが、お彼岸のお供え物は薄墨でなくても大丈夫です。

デパートなどでお供え物を購入する場合には、「お供え用にのしをつけてください」と言えば、ほとんどの場合無料で対応してくれます。

まとめ

毎日の忙しい生活のなかで、先祖を敬ったりお墓や仏壇に手を合わせたりすることも忘れがちになっているかもしれません。

お彼岸には、改めて故人を偲んで先祖を敬い、感謝の気持ちを忘れないようにして、毎日を過ごしていきたいですね。

彼岸花の時期はいつ?美しいけど毒がある彼岸花の花言葉は? >




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする