情報を調べる

ゆで卵の賞味期限/常温・冷蔵庫でどれくらいもつ?

いろいろな料理に使える卵は、いつも冷蔵庫に常備しておきたい食品の一つです。

卵は、サッと焼いて卵焼きにしても美味しいですが、ゆで卵も人気のある卵料理です。

卵は、生卵の状態で保存する場合には、比較的長持ちして、冷蔵庫で保存すれば、賞味期限は2週間程度なら大丈夫だといわれます。

寒い冬の時期なら、冷蔵庫に入れなくても、1ヵ月以上の賞味期限があるともいわれます。

この日持ちがする生卵を、ゆで卵の状態にすると、賞味期限はどれくらいになるのでしょう。

加熱してゆで卵にすることで、賞味期限は長くなるのでしょうか、それとも短くなるのでしょうか。

また、保存方法はどのようにするのがいいのでしょうか。

ゆで卵の賞味期限

卵は、ゆで卵にすると、生卵の状態の時よりも、賞味期限が短くなります。

加熱したゆで卵の方が、生卵よりも賞味期限が短くなるというのは、意外かもしれませんが、これは、生卵には「リゾチーム」という雑菌を分解する作用のある酵素が含まれているためです。

加熱することで、このリゾチームがなくなってしまうので、ゆで卵は、生卵に比べて雑菌が繁殖しやすい状態になっているのです。


冷蔵庫で保存

固ゆでにしたゆで卵の賞味期限は、冷蔵庫で保存した場合には

「殻がついたままの状態なら3日程度」
「殻をとった状態なら12時間程度」

といわれています。

ゆで卵は、殻がついたままの方が長持ちするので、できるだけ殻をつけたままで保存するようにして、食べる直前に殻をとるようにしましょう。

ただ、殻がついていても、ヒビが入っている場合には、賞味期限は2日程度と短くなってしまいます。

卵を茹でる際にヒビが入ることもありますが、生卵を常温の状態にしてから茹で始めると、殻にヒビが入りにくくなります。

ゆで卵は、殻がついたままの状態の方が傷みにくいので、弁当などで持って行く場合にも、できるだけ殻つきのままで持って行くようにするといいです。

常温で保存

殻をとったゆで卵は、基本的に、常温保存は好ましくありません。

殻つきの場合でも、冬場以外は、常温保存はしない方が無難です。

ゆで卵は雑菌に弱く、常温で保存すると雑菌が繁殖しやすくなりますが、特に夏場の常温保存は、食中毒の原因になるサルモネラ菌が繁殖しやすいため、非常に危険です。

食中毒を引き起こす細菌は、20℃を超えると活発化し、37~40℃位で最も増殖しやすくなるといわれています。

細菌が増殖しにくくなるのが10℃以下で、0℃位になると増殖しなくなるといわれるので、ゆで卵を常温保存できるのは、冬場のみと考えておくといいです。

冬場に殻つきのゆで卵を常温保存する場合、賞味期限は2~3日以内といわれています。

半熟のゆで卵

「ゆで卵は半熟が美味しい」という人もいますが、半熟のゆで卵は、固ゆでのゆで卵よりも傷みやすいので、殻がついている場合でも、その日のうちに食べてしまうのがベストです。

常温の場合、12時間以上経った半熟のゆで卵は、雑菌が発生している可能性が高いといわれています。

弁当に持って行く場合は、固ゆでにしておきましょう。

傷んだゆで卵を見分ける

茹でてから時間が経ったゆで卵は、食べる前に、傷んでいないかどうかを確認することも大切です。

・異臭がする
・ぬめりがある
・糸を引いている

というような状態になっていたら、食べるのはやめておきましょう。

ゆで卵は、茹でる時間が長いと、卵の硫黄成分と鉄分とが反応して、黄身の表面が黒っぽく変色したり、緑っぽく変色したりすることがありますが、茹でてから時間が経っていなければ、食べても問題はないといわれています。

煮卵にする

卵を加熱すると賞味期限は短くなりますが、ゆで卵を煮卵にすると、賞味期限が少し長くなって、冷蔵庫で5日程度になるといわれています。

ゆで卵の殻をとって、醤油・砂糖・酒・酢・豚肉・水などといっしょに煮込めば、おいしい煮卵ができます。

弁当に持って行くときなどは、ゆで卵よりも煮卵の方が傷みにくいので、少し安心できます。

まとめ

ゆで卵は加熱しているので、生卵よりも日持ちがするというイメージがあるかもしれませんが、実際には、加熱することで雑菌が増えやすい状態になっています。

ゆで卵をすぐに食べない場合には、常温では保存せず、殻をつけたまま冷蔵庫で保存し、遅くても3日以内には食べてしまうようにしましょう。

半熟のゆで卵も美味しいですが、半熟の場合は、固ゆでのものよりも傷むのが早くなります。

固ゆでのゆで卵も半熟のゆで卵も、茹でてすぐの温かいうちに食べるのが一番美味しいです。

ゆで卵は、茹でたその日のうちに美味しくいただくようにしましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする