ジャンケンに勝つには「パー」をだす!

ジャンケンをするとき、「グー」「チョキ」「パー」を出す確率は、普通に考えると、それぞれ「1/3(約33.3%)」になるように思いますが、実際に、ジャンケンを繰り返していると、必ずしも、そうはならないといわれます。

確率には、「数学的確率(古典的確率)」「統計的確率(頻度論的確率)」とがあるとされますが、ジャンケンで、「グー」「チョキ」「パー」を出す確率が、それぞれ「1/3(約33.3%)」であるというのは「数学的確率」です。

一方の「統計的確率」は、「実験」や「観察」を何度も繰り返すことで、確率を割り出していったときの確率です。

「グー」「チョキ」「パー」を出す確率を、統計的に測ると、どれだけ、ジャンケンを繰り返しても、それぞれが「1/3」にはならないといわれます。

「グー」を出す確率が最も高い

ある大学で、学生(725人)を集めて、延べ11567回のジャンケンをさせたところ、
「グー」を出す確率が「35.0%」
「チョキ」を出す確率が「31.7%」
「パー」を出す確率が「33.3%」
だったといいます。

ジャンケンをする時に、出す確率が、「最も高い」のは「グー」、「最も低い」のは「チョキ」だったというわけです。

ジャンケンで「グー」を出すことが多い「主な理由」として、次の二つが挙げられています。

理由1(心理的な理由)
人間は、緊張すると、手をギュッと握りしめるので、見知らぬ人に対する警戒心で、こぶしを作るから

理由2(身体的な理由)
人間の手の構造上、グーが一番出しやすいから

ジャンケンで、「グー」を出す確率が高くなる理由はともあれ、統計的確率から見ると、相手は「グー」を出す確率が一番高いということになります。

このため、ジャンケンをする時には、自分は、「パー」を出すのが、一番勝つ確率が高くなるというわけです。

今度ジャンケンをするときに、試してみる価値はありそうです。