乾電池のサイズ(単1、単2、単3‥)の「単」の意味は?

持ち運び用の電気製品などには欠かせない「乾電池」は、日常生活には欠かせない、生活必需品です。

乾電池のサイズは、単1、単2、単3‥というように、「単~」と呼ばれますが、「単」には、どんな意味があるのでしょう。

単位電池

1930年代頃までは、強い電池を作るには、「何個かの電池を1つにまとめる」という方法がとられていたといいます。

その後、技術が進んで、一個だけで強い乾電池が作れるようになっていきますが、このことが、乾電池のサイズの呼び方に、関係していました。

乾電池のサイズが、「単~」と呼ばれる由来になったのが、英語の「unit cell(ユニット セル)(=単位電池)」といわれます。

単一のセルで作られた電池」は、この「単位電池」「単」をとって、strong>「単~」と呼ばれるようになったといわれています。

「単~電池」は、「単一のセルで作られた一つの電池」という意味といえます。

複数のセルで作られた電池は、「積層電池」と呼ばれますが、こちらは、「単~」とは呼ばれていません。

数字は「作られた順番」

「単」の後ろの「数字」は、「乾電池が作られた順番」だといいます。

当時は、現在のように、発電効率の良い乾電池を作る技術がなかったので、「大きな乾電池」から順番に作られていき、早く作られた順番(大きい順)に、単1、単2、単3‥と呼ぶようになったといわれます。

ただし、乾電池のサイズを「単~」と「単」をつけて呼ぶのは、日本だけのようです。

アメリカでは、単1は「D」、単2は「C」、単3は「AA」、単4は「AAA」と呼ばれていて、
国際規格では、単1アルカリ電池は「LR20」、単2アルカリ電池は「LR14」、単3アルカリ電池は「LR6」、単4アルカリ電池は「LR03」となります。

乾電池を発明したのは日本人

乾電池を最初に発明したのは、日本人だといわれています。

1887年(明治20年)に、時計技師の屋井先蔵(やいさきぞう)という人が、寒冷地でも使えるようにと開発した「屋井乾電池」が、最初の乾電池だとされています。

乾電池開発の起源は、時計にあったということのようです。