「ニコチン」と「タール」の違いは?

タバコには、「ニコチン」や「タール」が含まれています。

これらの成分が、体には良くないということは、何となく分かりますが、実際に、体にどんな影響があるのでしょう。

また、「ニコチン」と「タール」の違いは、何なのでしょう。

ニコチン

「ニコチン」は、タバコに含まれている、主な「アルカロイド」です。

「アルカロイド」とは、塩基性の植物成分のことで、「植物塩基」とも呼ばれますが、人の体に強い生理作用を及ぼすものが多いとされています。

アルカロイドの中には、
「モルヒネ」
「アトロピン」
「エフェデリン」
「コカイン(局所麻酔)」
など、医薬品や農薬などに重要なものも多くあります。

「ニコチン」は、苦味や不快臭がある、無色~黄みがかった油状の「揮発性の液体」です。

「ニコチン」には、「発がん性物質」は含まれていないとされていますが、神経系に対する毒性が強く、「血管収縮」や「心拍数増加」などを引き起こす作用があり、
「心拍数の上昇」
「血圧の上昇」
「動脈硬化」
などのリスクが高まるといわれています。

「ニコチン中毒」ともいわれるように、「ニコチン」は「依存性物質」で、タバコの乾燥葉に2~8%程度含まれている「ニコチン」が、「タバコ中毒(=ニコチン中毒)」の原因になるとされています。

「急性」の中毒の場合には、
「おう吐」
「頭痛」
「顔面蒼白」
「冷汗」
「虚脱」
などの症状が起こり、

「慢性」の中毒の場合は、
「動脈硬化」
「心悸亢進」
「記憶減退」
「興奮」
「不眠」
「視覚障害」
などの症状が現れるといわれています。

「ニコチン」には、「神経」「小脳」「延髄」「脊髄」などを刺激・麻痺させる作用があるとされていますが、
「タバコ1本分のニコチン」を「直接摂取」すると、「死に至る」こともあるほどの「猛毒」だといわれます。

ニコチンの副作用

「タバコ」を吸うことで、大量の「一酸化炭素」を摂取することになります。

「一酸化炭素」は、体から酸素を奪って「ビタミンCを消費」させ、「新陳代謝を阻害」するとされていて、
「一酸化炭素」を大量に摂取することで、「酸素不足」や「栄養不足」の状態となり、体力が回復せず、疲れがとれにくくなるといわれています。

また、夜に「タバコ」を吸うと「ニコチンの覚醒作用」によって、寝つきが悪くなったり、夜中に目が醒めやすくなったりするともいわれています。

「喫煙者の不眠症」は、「非喫煙者の4~5倍」にもなるといわれます。

寝る前に、リラックスしようとしてタバコを吸う人もいますが、実際のところは、逆効果になっているといえます。

タール

一方の「タール」は、石炭や木材などの有機物を、空気を遮断して加熱したときにガスとともに揮発し、冷却するとできる、粘り気のある黒色の液体です。

「コールタール」の類は、「防腐塗料」「染料」「医薬品」などの重要な原料となっています。

タバコに含まれる「タール」もその一種ですが、吸い込まれると「肺に蓄積」していくとされています。

「タール」は、粘着性の強い物質なので、タバコを吸い続けていると、タールが「喉」「気道」「肺」などに蓄積して、「呼吸器にダメージを与える」ことも少なくないといわれます。

タバコを吸った時に、「フィルター」や「歯」を茶色くする粘着性のものが「タール」で、いわゆる「ヤニ」と呼ばれるものです。

「タール」には、数百種類の「発がん性物質」が含まれているといわれていて、「タバコには発ガン性がある」といわれるのは、この「タール」が含まれていることが、根拠の一つになっているといわれています。