「パフェ」と「サンデー」の違いは?

「パフェ」や「サンデー」は、アイスクリームに生クリームやフルーツが入ったスイーツです。

よく似たスイーツの「パフェ」と「サンデー」ですが、何か違いはあるのでしょうか。

パフェ

「パフェ」は、背の高い容器に、アイスクリームや生クリーム、フルーツなどを盛りつけしたもので、フランスのデザート「パルフェ(parfait)」(パルフェはフランス語で「完全な」という意味)がその語源となっているといわれます。

パルフェは、卵黄に砂糖やホイップクリームを混ぜて作った冷たいデザートで、フルーツや甘いソースなどが添えられています。

そのパルフェが、日本で独自の進化を遂げたのが「パフェ」といわれています。

サンデー

「サンデー」は、背の低い容器に、アイスクリームを中心にシンプルな盛りつけをしたもので、もとはアメリカの庶民的なデザートだったといわれます。

サンデーは、キリスト教の安息日の日曜日に売られていたデザートが「ルーツ」になっているといわれています。

日曜日に売られていたから「サンデー」と呼ばれるようになったといわれますが、綴りは「Sunday」ではなく「sundae」。

これが、パフェと同じように日本で独自の進化を遂げたといわれます。

「パフェ」と「サンデー」の違い

「パフェ」も「サンデー」も、「フルーツ」「アイスクリーム」「生クリーム」「シロップ」など、ほぼ同じものが使われているので、材料の違いというのはなさそうです。

よく、細長いグラスに入っているのが「パフェ」で、丸いガラスやプラスティックの容器に入っているのが「サンデー」と言われたりします。

確かに、印象としてはそうかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。

昼間に食べるデザートが「パフェ」で、夕方以降に食べるデザートが「サンデー」
とか、
フルーツにアイスクリームをトッピングしたものが「パフェ」で、アイスクリームにチョコレートソースをかけたものが「サンデー」
などと言われたりもしますが、「パフェ」と「サンデー」には、これといった明確な違いはないというのが、実際のところのようです。

確実に言えることは、
「パフェ」は、フランス生まれ
「サンデー」は、アメリカ生まれ
ということくらいです。

まとめ

「コンビニ」で「サンデー」が売られているように、「サンデー」は比較的カジュアルに売られていることが多い印象があります。

ソフトクリームを簡単なカップに入れてチョコソースをかけたものは、「サンデー」といいますが、「パフェ」とはいいません。

逆に、「フルーツ」や「プリン」など、具がたくさん入っていて豪華で値段が高めなものは、「パフェ」と呼ばれることが多いという印象があります。

とはいっても、豪華な「サンデー」もありますが‥。

「パフェ」と「サンデー」を明確に区別するのは、難しいようです。