「会席料理」と「懐石料理」の違いは?

会席料理

「会席料理」は、江戸時代に「連歌」や「俳諧」の会席で出されていた料理ですが、時代が経つにつれて、「宴席で出される料理」という意味で使われるようになっていったといわれています。

現在では、「会席料理」は「本膳料理を簡略化した宴席での上等な料理」とされていて、本膳料理に次ぐ「正式な日本料理」とされています。

「本膳料理」とは、室町から江戸時代に、武家の供応料理として普及した伝統的な日本料理で、一人分の料理を五つ膳に組んで出される料理です。

「本膳料理の膳組」の「一の膳」が「本膳」で、「飯」と「汁」が主体になっていますが、現在の「会席料理」は、酒の肴としての料理が主体になった「宴席料理」なので、お酒と合わせて「前菜」「煮物」「焼物」「刺身」などが先に出され、「ご飯」と「汁物」は最後になるのが一般的といわれます。

一品ずつ出されることが多いですが、最初から並べられている場合もあります。

「旅館」や「料亭」などで出される「日本料理」は、ほとんどがこの「会席料理」となっています。

懐石料理

一方の「懐石料理」は、「茶の湯」に出された食事のことです。

空腹で濃い茶を飲むのは体によくないという理由から、先に出された「軽い食事」です。

その昔、禅僧が寒さと空腹をしのぐために、温めたに入れていたことから、「懐石」という名がついたといわれています。

元来の「懐石料理」は、焼き物を中心とした「一汁三菜」が基本の簡素な食事で、「作法」や「食器」などには一定の決まりがありました。

しかし、料理店で出されるようになると、次第に品数が増していき、また、いろいろな趣向も凝らされるようになり、次第に「贅沢な料理」というイメージが定着していったといわれます。

「懐石料理」には「会席料理」ほどの賑やかさはなく、どちらかといえば落ち着いてゆっくり食べる料理といえます。

一般的に、「ご飯」や「汁物」の後に「お酒」が出されるので、「お酒が苦手な人」にも食べやすい料理です。

「会席料理」と区別するために「茶懐石」と呼ばれることもありますが、本来「懐石」には「料理」という意味合いが含まれているので、「懐石料理」ではなく「懐石」が正しいともいわれます。

~・~・~・~・~・~・~

一言で言えば、
・お酒をおいしく飲むための「宴会の席」での料理が「会席料理」
・お茶をおいしく飲むための「茶会の席」での料理が「懐石料理」
といえそうです。