情報を調べる

みなとこうべ海上花火大会2018/日程とおすすめの観覧席

みなとこうべ海上花火大会は、神戸の「港」というロケーションをフルに生かした演出が素晴らしい、関西でも屈指の花火大会です。

仕掛け花火、尺玉、水上スターマイン(連続発射打ち)などが、神戸の町を華やかに彩ります。

毎年30万人以上の人出がありますが、ビュースポットも、打ち上げ場所を囲む海辺を始めとして、山側から見下ろしたり、展望台から眺めたりと、観覧場所の選択肢が多いのも、この花火大会の魅力になっています。

2018年は、兵庫県政150周年を記念した内容になっているとのことで、海上ならではの演出に加えて、例年以上の迫力ある演出も期待されています。

みなとこうべ海上花火大会

日程

日時:2018年8月4日(土)19時30分~20時30分
(雨天決行、荒天中止(中止決定は当日15時))
打ち上げ場所:神戸港・新港突堤、メリケンパークの南側海上
打ち上げ玉数:約15,000発
観覧予想人数:約30万人


見どころ

2018年の見どころは、何といっても、兵庫県政150周年を記念した内容になっているというところです。

昨年2017年は、神戸港開港150周年ということで、それまでよりも多い15,000発の打上げとなりましたが、今年2018年も15,000発の打上げが予定されていて、昨年以上の盛り上がりが期待されます。

ちなみに、こちらが昨年2017年の花火大会の様子です。

主な観覧場所

みなとこうべ海上花火大会の観覧場所はたくさんあって、いわゆる「穴場スポット」と言われる場所も多くあります。

毎年有料席も設けられていて、今年も、新港第2突堤と第4突堤に有料の「一般協賛席」が設置される予定ですが、人気が高いので、すぐに売り切れになってしまうことが予想されます。

ここでは、無料で見ることができる観覧場所を紹介します。

メリケンパーク

2017年に芝生エリアがリニューアルして拡張され、見やすくなった「メリケンパーク」は、みなとこうべ海上花火大会の人気のメイン会場の一つです。

最寄りの元町駅から歩いて15~20分程度で行くことができる便利な場所にあり、早い時間から混雑し始めます。

元町駅では、16時を過ぎた頃から次第に人が増え始め、17時を過ぎると電車が到着するごとに大勢の人が押し寄せるというような状態になります。

例年、19時頃には、メリケンパーク内への入場が制限されるので、時間に余裕をもって、早めに来場するようにしましょう。

花火が始まる頃になると、多くの人で埋め尽くされたような状態になります。

屋台出店エリアが変更になって、メリケンパーク内には飲食ブースは出店していないので、注意してください。

ハーバーランド

ショッピングも楽しめる「ハーバーランド」は、メリケンパークと並んで人気の高いビュースポットです。

JR神戸駅から歩いて10分程度と便利で、MOSAICやumieなどの人気の商業施設があることから、普段から買い物客などが多いスポットですが、打ち上げ場所の近くから迫力ある花火を見ることができるので、花火大会当日は、早い時間から混雑しています。

観覧する場所によっては、ホテルに視界を遮られることもあるので、できるだけ南の方(MOSAICよりも南側)で見るのがお勧めです。

例年、16時45分頃になると入場制限がかかりますが、交通規制エリアなので、車やバイクで入場することはできません。

制限後にハーバーランドに到着した場合は、メリケンパークへ向かうのが得策です。

JR神戸駅への帰り道は、花火が終了した直後から混雑するので、特に駅構内では、誘導しているスタッフの指示に従うようにしましょう。

混雑を避けるのなら、阪急花隈駅の方へ歩いていくか、周辺の飲食店などでしばらく時間を過ごしてから駅に向かうようにするといいです。

新港第1突堤・第4突堤

新港突堤では、第1突堤東側岸壁と第4突堤西側岸壁が無料観覧エリアになっています。(第3突堤の一部は、夕刻のフェリー出航後に開放予定のようです。)

新港第1突堤は、打ち上げ場所から一番近くて人気の高い観覧場所で、非常に混雑します。

新港第1突堤の南側岸壁は企業協賛席(有料席)になっていて、無料観覧エリアは東側岸壁となり、場所によってはホテルが視界に入ってしまいますが、迫力は満点です。

新港第1突堤には、飲食ブースも出店予定です。

新港第4突堤は、西側岸壁が無料観覧エリアになっていますが、ポートターミナル西側2・3階デッキには一般協賛席(椅子自由席)(有料)も設置されます。

新港第4突堤は、ポートターミナル駅下車すぐで、非常に便利ですが、新港第1突堤に比べると混雑は少なめです。

ポーアイしおさい公園

海沿いにあるポーアイしおさい公園は、海側から神戸の夜景をバックに花火が観賞できる人気のスポットです。

南北に長い公園で、花火大会当日は、花火の打ち上げ場所に近い北側から埋まっていき、南側は比較的混雑は少なめです。

毎年、神戸市役所から公園までの無料シャトルバスが運行されます。

また、花火大会当日には、公園内の船乗り場からメリケンパーク(かもめりあ)行きの無料シャトルシップが特別運航されます。

運航時間は、20時30分~22時の予定なので、美しい夜景を見ながら快適に帰ることができそうです。

ポートアイランド北公園

花火の打ち上げ場所からも近い穴場スポットともいえるのが、ポートライナー中公園駅から歩いて約6分のところにある「ポートアイランド北公園」です。

こちらも、ポーアイしおさい公園と同様、海側から神戸の夜景をバックに花火が観賞できます。

飲食ブースも出店していて、お祭り気分で花火が楽しめるおすすめのスポットです。

その他の穴場スポット

打ち上げ場所に近い上記の観覧場所のほか、次のような穴場スポットもあります。

・布引ハーブ園
・ビーナスブリッジ
・兵庫突堤(兵庫埠頭)
・摩耶山掬星台(きくせいだい)

少し離れたところから見る花火や、高台から水平目線で見る花火も、一味違った趣があります。

花火を気持ちよく楽しむための注意事項

14時までは場所取り禁止

花火大会当日は、14時までは場所取りをすることができません。
シートなどを放置していると、撤去されてしまうので注意してください。

ドローンや傘は使用禁止

花火大会では、ドローンや傘の使用は禁止されています。
雨が心配な空模様の場合は、レインコートなどを準備しておきましょう。

ペットの入場は禁止

会場へは、ペット同伴では入場できません。

交通規制

花火大会当日は、大規模な交通規制がされるので、会場へは公共交通機関を利用するようにしましょう。

会場への入場規制

会場への入場規制の時間は、状況により変更される可能性がありますが、例年、メリケンパークとハーバーランドでは、下記の時間頃から入場制限が行われています。

・メリケンパーク:19時頃
・ハーバーランド:16時45分頃

それ以外の会場でも、入場規制になる可能性もあるので、注意しましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする