情報を調べる

なにわ淀川花火大会2018の日程/おすすめの有料席と観覧の穴場

なにわ淀川花火大会は、関西でも最大級規模の花火大会で、30回目となる2018年は、特別演出のパワーアップした花火が見られるといわれています。

この花火大会は、1989年に市民ボランティアによって始められた花火大会で、毎年規模が大きくなっていき、現在では、毎年恒例の大阪の夏の風物詩として、すっかり定着しています。

高度を変えることで奥行き感を出した派手で豪華で迫力のある花火が、大阪の夜空を縦横無尽に駆け巡ります。

花火の大きさは、最大で10号玉が使われ、毎年50万人以上の人が観覧し、屋台は約900店が出店しています。

例年にも増してパワーアップした2018年の花火は、オープニングからフィナーレまで、一瞬も目が離せなくなりそうです。

なにわ淀川花火大会

日程

日時:2018年8月4日(土)19時40分~20時40分
(雨天決行、荒天中止)


1)オープニング

19時40分頃~
10号玉と5号玉ワイド水中花が同時に花を咲かせる、30回を記念する磨きのかかった演出。

2)FIREWORKS MUSICAL

19時55分頃~
リズミカルな音楽に合わせて、花火が左右に踊り回っているような演出。

3)第30回記念特別プログラム「水都夢花壇」

20時6分頃~
6ヶ所から打ち上がる水中花火。世界的にも例を見ないと言われる、第30回記念のために用意された特別演出。

4)スカイナイトオーケストラ

20時13分頃~
音楽ととにテンポよく打ち上がる高速花火。繊細かつ華やかな演出。

5)EXPO2025いらっしゃ~い!

20時21分頃~
2025年の大阪では二度目の万博に向けたワクワク感を花火で演出。

6)日本伝統技術となにわ名物の融合

20時32分頃~
世界一ともいわれる花火職人が制作した三重に開く花火。「8号玉2ヶ所水中花火」と「直径約320mの10号玉10連発」との競演を豪華に演出。

7)グランドフィナーレ

20時37分頃~
圧倒的なボリュームの壮大なグランドフィナーレ。夜空一面に広がる感動の花火!

なにわ淀川花火大会 公式ページ

会場

場所:淀川河川敷(新御堂筋新淀川大橋から国道2号線淀川大橋までの河川敷)

【十三・塚本側会場】阪急十三駅/JR塚本駅から徒歩約15分
【梅田側会場】JR大阪駅/各線梅田駅から徒歩約25分

会場付近の道路は、例年、18時頃~23時頃に大規模な交通規制が実施されます。(場所によっては、もっと早い時間から規制されているところもあります。)

会場周辺は、駐車禁止となるので、車での来場は避けて、公共交通機関を利用するのが無難です。

また、新十三大橋は、歩行者通行止めとなるので注意しましょう。

有料席(協賛閲覧席)

花火の打ち上げ場所の南北は、ほぼ全てが有料席(協賛閲覧席)になっていますが、水中花火を見逃したくないという場合には、こちらの有料席を利用するのがおすすめです。

専用トイレや売店もあるので、安心して花火を楽しむことができます。

エキサイティングシート

前売り:大人9,000円、当日:なし
机とパイプ椅子があり、花火を間近でで見ることができるエリアで、エリア指定の自由席になっています。弁当とお茶が付く人気の協賛席です。

アリーナシート

前売り:大人7,000円、当日:8,000円
エキサイティングシートのすぐ後ろのエリア。こちらも、エリア指定の自由席です。

梅田会場協賛閲覧席

前売り:大人4,500円、当日:5,000円
パイプ椅子に座って水中花火もしっかり楽しめます。21頃までは退場できないので、それまでは屋台を楽しむといいでしょう。

堤防パノラマスタンド

前売り:大人3,500円、当日:4,000円
有料席の中でも手頃な料金設定になっています。堤防には傾斜があるので、前の人が邪魔になって花火が見えないという心配はありません。

無料席

十三側河川敷

十三会場の東入場口付近には、一般開放エリアが設けられていて、ここからは迫力ある花火が楽しめます。
ここは、十三側では唯一の無料エリアで、「混雑必至の人気エリア」といえます。
例年、15時を過ぎる頃には満席となるので、早めの到着が必須です。
ただし、エリアの開放は12時からで、それ以前の場所取りは禁止されています。

塚本側河川敷

塚本駅から近い、塚本側河川敷も人気の定番スポットです。
ここからは、阪神高速とJRの高架越しに花火を楽しむことができます。
水中花火は見づらいですが、打ち上げ花火を楽しむのには、全く問題ありません。
例年、比較的スペースには余裕がありますが、18時を過ぎる頃から混雑するようになります。

梅田側河川敷

梅田側河川敷は、範囲が広く、迫力ある花火が楽しめる人気のエリアですが、2018年は、阪神高速淀川左岸線大規模工事のため、閲覧エリアが大幅に縮小される可能性があります。
規制がかかれば、一層の混雑が予想されるので、事前に公式HPなどで確認をしておきましょう。

海老江側河川敷

海老江グラウンド付近の海老江側河川敷は、例年、18時頃でも余裕がある穴場スポットですが、阪神高速の工事で梅田側河川敷が規制された場合には、こちらに人が流れてくる可能性もあるので、早めに到着するようにしましょう。

会場付近の駅の豆情報

阪急十三駅

花火が終了した直後(21時頃)は、十三駅に向かって行っても、すぐには電車に乗ることができません。
会場で、30分~1時間くらい屋台を楽しむなどしてから駅に向かう方がスムーズです。
阪急十三駅のアーケード前では、例年、駅員さんが看板をもって、混んでいない別の改札口へ誘導してくれるので、それに従うようにしましょう。

JR塚本駅

JR塚本駅では、東口にロータリーがあるので、東口で待ち合わせをする人が多いですが、会場へは西口の方が近いので、西口を利用するのがおすすめです。
JR塚本駅は、十三側河川敷からも近いので、十三エリアの混雑状況を確認してみて、混んでいなければ十三側河川敷、混んでいれば塚本側河川敷にするというのも、いい作戦かもしれません。

地下鉄御堂筋線西中島南方

花火が終了した直後(21時頃)は、会場から近い南側の2番出口は混雑するので、北側の1番出口まで歩いて行った方がスムーズです。
駅の構内が狭いので、混雑しているととても危険です。
花火が終わったら、しばらく屋台で楽しんだリ、河川敷で過ごしたりしてから駅に向かうようにするといいです。

野田駅・海老江駅

梅田側河川敷から野田駅・海老江駅までは、歩いて30分程度かかりますが、交通規制が解除されると、国道2号線の交通量はかなり増えるので、注意が必要です。
野田駅・海老江駅周辺には、居酒屋などの飲食店もたくさんあるので、花火の後に食事を楽しむこともできます。
梅田側河川敷の西側からは、阪神淀川駅も近いので、そちらを利用するのもいいかもしれません。

最寄駅の終電情報

JR塚本駅(十三側)

混雑度★★★★★
・京都行:24時11分(大阪乗り換え)
・高槻行:24時25分
・大阪行:25時08分
・新三田行:24時16分(尼崎乗り換え)
・西明石行:24時31分

阪急十三駅(十三側)

混雑度★★★★★
・梅田行:24時22分
・三宮行:24時03分
・西宮北口行:24時29分
・宝塚行:23時51分
・雲雀丘花屋敷行:24時29分
・北千里行:24時16分(淡路乗り換え)
・河原町行:23時48分
・正雀行:24時28分

阪神姫島駅(十三側)

混雑度★★
・梅田行:24時16分
・元町行:23時58分
・尼崎行:24時37分

阪神姫島駅(十三側)

混雑度★★
・梅田行:24時16分
・元町行:23時58分
・尼崎行:24時37分

地下鉄西中島南方(十三側)

混雑度★★
・なかもず行:24時03分
・千里中央行:24時01分
・新大阪行:24時24分

JR大阪駅(梅田側)

混雑度★★★★★
・京橋行:24時33分
・天王寺行:24時11分
・京都行:24時25分
・高槻行:24時31分
・西明石行:24時28分
・新三田行:24時13分(尼崎乗り換え)

阪急梅田駅(梅田側)

混雑度★★★★
・三宮行:24時00分
・西宮北口行:24時25分
・宝塚行:24時00分(西宮北口乗り換え)
・雲雀丘花屋敷行:24時25分
・北千里行:23時50分(淡路乗り換え)
・河原町行:23時45分
・正雀行:24時25分

地下鉄梅田駅(梅田側)

混雑度★★★★
・なかもず行:24時08分
・千里中央行:23時56分
・新大阪行:24時20分

阪神野田駅(梅田側)

混雑度★★
・梅田行:24時19分
・元町行:23時55分
・尼崎行:24時34分

JR海老江駅(梅田側)

混雑度★★
・西明石行:24時26分(尼崎乗り換え)
・新三田行:24時12分
・宝塚行:24時26分
・松井山手行:23時52分
・四条畷行:24時30分




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする