情報を調べる

冷蔵庫の寿命年数の目安は?お得な買い替え時期のタイミング

一年中休むことなく稼働し続けて、食材を保存してくれる冷蔵庫は、家庭にはなくてはならない家電製品です。

急に故障すると困ってしまうので、冷蔵庫の寿命年数や買い替えのタイミングなどについて、あらかじめ把握しておくことが大切です。

冷蔵庫が壊れてしまう前に、比較的安く購入できる時期を見計らって、買い替えを考えてみましょう。

冷蔵庫の寿命年数

一般的に、冷蔵庫の寿命は10年程度といわれています。

使い方などによっても変わりますが、冷蔵庫を10年くらい使っていると、何らかの不具合がでてくることが多いようです。

家電量販店で、冷蔵庫に10年保証がつけられることなどから考えても、10年が寿命年数の一つの目安になるといえそうです。

ちなみに、製品が故障したときに修理ができるようにするため「補修用性能部品の保有期間(製品の製造を打ち切ったときからの年限)」が定められていますが、冷蔵庫の場合は「9年」とされています。

製造打ち切り後9年を超えると、冷蔵庫が故障しても修理する部品がないため、修理できないということもあるので、このことも買い替えの時期を考える一つの判断材料になります。


使い方によって異なる冷蔵庫の寿命年数

冷蔵庫の寿命は、使い方によって大きく異なるといわれています。

ポイントは「詰める量」「開閉回数」です。

詰める量が多いと、それらを冷やすために多くのエネルギーが必要となり、また、冷気の流れが悪くなって庫内が均一に冷えにくくなり、冷えていない部分を冷やそうとして多くのエネルギーが必要となります。

開閉回数が多いと、庫内の冷気が外に逃げていくため、再度冷やすために多くのエネルギーが必要となります。

「詰める量」や「開閉回数」が多いと、それだけファンやコンプレッサーなどの負担が大きくなって、劣化が早くなるので、寿命年数も短くなることが多いといわれています。

冷蔵庫の寿命を判断する目安

冷蔵庫の寿命が近づいてくると、いろいろな症状が現れるようになります。

「冷えが悪くなる」「騒音がする」「水が漏れる」などの症状が現れたら、買い替えを考える時期といえそうです。

コンプレッサーは、冷蔵庫の心臓部に当たるもので、冷媒を循環させるポンプの役割を果たしているものですが、コンプレッサーの機能が低下すると、冷えが悪くなりますが、同時に、庫内の温度を下げようとして出力を上げるので、うるさい音がするようになります。

下部の蒸発皿から水が漏れるのは、劣化によって、水が通る庫内の排水経路の詰まりが原因になっていることが多いです。

冷蔵庫の中を整理しても、これらの症状が改善しないようなら、買い替えを考える時期だといえます。

買い替える時期のタイミング

冷蔵庫を買い替えるといっても、冷蔵庫は高額な家電の部類に入るので、気軽に買い替えるというわけにもいきません。

できるだけ安く購入できる時期に購入したいものです。

一般的に、冷蔵庫は、8月下旬~9月頃に購入すると、比較的お得に購入することができるといわれています。

その理由は、冷蔵庫がモデルチェンジをする時期が、10月~11月ということが多いからです。

新しいモデルが発売されると、旧モデルは売れにくくなるので、売れ残らないように早く売ってしまおうとするため、セールなどで安く販売されることが多くなります。

最近の冷蔵庫は、性能面では既に優れているものが多いので、新モデルといっても、性能が大幅に改善されることは少なく、デザインや内装が若干変わったり、機能が少し増える程度のことがほとんどです。

旧モデルといっても、数カ月前までは新モデルだった冷蔵庫です。

それが、大幅に値引きされれば、お買い得であることは間違いありません。

「故障したので、すぐに買い替えなければいけない」というような事情がなければ、旧モデルの冷蔵庫が安くなる8月下旬~9月頃に、買い替えを検討するのがお勧めです。

新モデルと旧モデルの冷蔵庫の比較

よく言われるのが「新モデルの方が旧モデルよりも電気代が安くなるから、新モデルの方が経済的」ということですが、本当にそうなのでしょうか。

毎回、新モデルが発売されるたびに「電気代が安くなる」といわれますが、電気代が安くなるといっても、せいぜい月数百円程度で、月千円も安くなるということはまずありません。

毎回月千円も安くなっていたら、10回もモデルチェンジしたら、電気代がタダ?になってしまいます・・・。

次のような新旧のモデルを比較してみます。

【新モデル】本体価格:15万円、年間電気代:1万円
【旧モデル】本体価格:12万円、年間電気代:1万2千円

これらの冷蔵庫を購入して、冷蔵庫の寿命の目安の10年間使ったときの「総経費」は、

【新モデル】15万円 +(1万円 × 10年)= 25万円
【旧モデル】12万円 +(1万2千円 × 10年)= 24万円

10年間使うことを考えると、総経費としては旧モデルの方が安くなります。

「年間の電気代」だけを考えると新モデルの方が安いかもしれませんが、10年間使った時の総経費で考えれば、旧モデルの方が安くなるというわけです。

冷蔵庫を選ぶ際には、金銭的な安さだけが基準になるわけではなく、デザイン性や便利性なども判断基準になりますが、「必ずしも、最新型の方が経済的なわけではない」というのは確かです。

経済性を判断する場合は、「毎月の電気代が安くなる」ということに惑わされずに、10年間の総経費で判断するようにしましょう。

冷蔵庫を選ぶ際のポイント

家電量販店では、たくさんの冷蔵庫が陳列されているので、どうやって選べばいいのか迷ってしまうことも少なくありません。

冷蔵庫選びは、「冷蔵庫の容量」「扉の開き方」「省エネ性能」の3つのポイントをチェックすると選びやすいです。

冷蔵庫の容量

いろいろな大きさの冷蔵庫がありますが、家族の人数によって、おおよその目安といわれる容量があります。

一人暮らし:  ~250リットル
二人暮らし:250~350リットル
三人暮らし:350~450リットル
四人暮らし:450~550リットル
五人以上: 550リットル~

あくまでも目安ですので、各家庭の状況に応じて検討してください。

飲み物は意外と容量が必要になるので、いつもビールやジュースなどをたくさん冷やしておきたいというような場合は、少し大きめにするといいかもしれません。

また、新婚さんが冷蔵庫を選ぶ場合は、将来家族が増えることを想定して容量を考えるようにするといいです。

扉の開き方

冷蔵庫の扉は「片開き(右開き・左開き)」「両開き(左右どちらにも開く)」「観音開き(フレンチドア)」があります。

キッチンの広さや冷蔵庫を置く場所などによって、使いやすいタイプを選びましょう。

冷蔵庫の左側が壁の場合、右開きの扉は、使い勝手が非常に悪くなります。(「右開き」とは、取っ手を持って右に向かって開ける扉のことで、向かって左側が開きます。)

「両開き」「観音開き」なら、冷蔵庫を置く場所によって使い勝手が悪くなるようなことはあまりありません。

「観音開き」は、扉が小さいので、冷蔵庫前のスペースはそんなに広くなくてもよく、開閉も小さくてすむので節電にもなりやすいです。

省エネ性能

省エネ性能は、その家電が政府が定めた省エネルギーの目標基準をどれだけ達成しているかを表示している「統一省エネルギーラベル」で確認することができます。

星の数が多いほど、省エネ性能が高いことを表しています。

冷蔵庫は、一年中休まずに稼働し続けているので、省エネ性能の違いが表れやすいです。

まとめ

冷蔵庫の寿命は、夏場にやって来ることが多いといわれています。

夏場は冷蔵庫がフル稼働するため、それだけ負荷がかかるということも関係しているのかもしれませんが、夏場に冷蔵庫が使えなくなると、本当に焦ってしまいます。

冷蔵庫の本当の寿命を事前に知ることは難しいですが、壊れてからでは遅いというのも実際のところです。

寿命に近づいてきた冷蔵庫には、その兆候らしき症状も現れてきます。

「そろそろ寿命かな」と感じたら、お得に買い替えができる時期を検討してみましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする