情報を調べる

ポメラニアンの食事と散歩/食事の量と回数、散歩の時間と頻度

ポメラニアンを飼い始めて気になるのが、食事と散歩のことです。

食事の量や回数、散歩する時間や頻度は、どれくらいを目安にすればいいのでしょう。

ポメラニアンの食事

子犬期のポメラニアンの食事の基本は、「徐々に新しいごはんに慣らす」「一度にたくさんの食事を与えない」ということです。

ポメラニアンを飼い始めた頃は、それまでに与えられていた食事の回数や分量をそのまま引き継ぐのが原則です。

ペットショップなどでは、犬といっしよに数日分の食事をつけてくれるのが通例です。

その食事がなくなる頃から、新しいフードを少しずつ混ぜながら切り替えていくようにしましょう。

便の量やゆるさなどを見ながら、新しいフードの割合を増やしていきます。

食事の回数は、生後5~6ヵ月頃までは、1日3回が基本です。

子犬の頃は、まだ消化機能が未発達なので、1回の量を少なくして回数を多くします。

成長して体が大きくなり、胃腸の機能も発達してくるまで、しばらくは1日3回の食事を続けましょう。


パピーフード

ポメラニアンの子犬期には、栄養価の高い食事が必要です。

健やかな成長のためには、栄養バランスが整っているパピーフードが安心です。

そのまま与えられるレトルトタイプのものや、ぬるま湯や犬用ミルクでやわらかくして与えるドライタイプのものがあります。

ドライタイプのものをやわらかくするときに、人間用のミルクを使うと下痢になりやすいので注意しましょう。

子犬期の食事量

ポメラニアンの子犬期の食事は、フードのパッケージに記載されている量を目安にしながら、その時の体重に合わせて与えるようにしましょう。

量の判断をするのが難しい時は、毎日の体重を記録しておいて、獣医さんなどに相談するのもいいかもしれません。

便の状態も与える食事量の参考になります。

ティッシュでつまめるくらいが丁度いい状態で、コロコロしていたら量が少なすぎ、やわらかければ量が多すぎます。

ドライフードへの切り替え

ポメラニアンは、生後5~6ヵ月になると、乳歯から永久歯に生え変わりますが、この頃がドライフードへの切り替えの時期になります。

歯の生え変わりを促すという意味からも、1日に1回は固いドライフードを与えるようにしましょう。

また、この頃から、食事の回数を1日2回に減らして、1回の食事量を増やしていくようにするといいでしょう。

ただし、まだ成長段階なので、与えるフードはパピーフードのまま。

アダルトフードを与えるのは、1歳前後からにしましょう。

与えてはいけない食材

ポメラニアンには与えるのが好ましくない食材がいくつかあります。

エビ、タコなどの甲殻類、貝類、塩分が多いハム類、ぶどうなどは避けるようにしましょう。

また、ネギ、玉ネギ、ニラなどは赤血球破壊で中毒に、チョコレートはカフェインで中毒になる危険性があると言われているので注意が必要です。

ドッグフード

多くのドッグフードが市販されていますが、ポメラニアン専用のドッグフードはありません。

しかし、一般に市販されているドッグフードなら、どれを食べても、まず大丈夫です。

最近は、ペットフード安全法等によって、犬・猫のフードは、昔に比べればかなり安全になっています。

ポメラニアンに向いているドッグフード

ドッグフードの安全性は高くなっていますが、どのドッグフードでもポメラニアンに適しているかというと、必ずしもそうとはいえません。

市販されているドッグフードは、すべての犬に向けて作られたものなので、ポメラニアンという特定の犬種の特徴については、考慮されていません。

安く製造するために、ドッグフードに添加物が使われているものもありますし、原材料が不明なものも多く見受けられます。

ポメラニアンは、骨・関節等の骨格が弱い犬種なので、日々のドッグフードで、「グルコサミン」「コンドロイチン」などをしっかりと摂取して、補強していく必要があります。

また、毛が長い分、パサつきやすく、皮膚病にもなりやすいので、皮膚アレルギーを引き起こしやすい添加物は少ないもの、もしくは「無添加」のものが好ましいです。

ポメラニアンは、高齢になると心臓病を引き起こすことが多い犬種といわれているので、塩分等の摂取を控え、十分な良質のたんぱく質をバランスよく摂取することが、健康に長生きする上で必要になってきます。

ポメラニアンに与えたいのは、病気を予防でき、健康寿命を伸ばせるドッグフードです。

ポメラニアンが、食欲不振の時には

ポメラニアンは、食べることが大好きです。

ねだられて、もう少しあげようかなと、悩むことも少なくないでしょう。

そんなポメラニアンが、突然、食欲不振になってしまったら、心配になってしまいます。

ポメラニアンの食欲不振は、病気の初期症状であることも多いので、注意が必要です。

食欲不振の期間で判断

1日の食欲不振であれば、ストレスなどの一過性の原因であることも多いので、あまり心配する必要はないかもしれません。

丸1日、何も食べなくても、ポメラニアンは大丈夫です。

しかし、食欲不振が2日以上続くような場合には、注意が必要です。

水ばかりを飲むようだと、糖尿病や腎炎などの可能性も考えられます。

他にも、何らかの疾患の症状の可能性もあるので、食欲不振が続くようなら、動物病院で診てもらいましょう。

高齢の場合は、疾患ではなく、自然な現象の可能性もあります。

また、ドッグフードを変えたような場合は、それがポメラニアンに合わなかった可能性もあります。

食事の与え方に問題はないか

いつものように元気なのに、食欲がない。

元気なのに、すぐにドッグフードを食べない場合には、日ごろの食事の与え方を振り返ってみましょう。

ドッグフード以外で、美味しいものを与えることが多い場合には、ドッグフードを食べなくなるケースもあります。

また、片づけができていなくて、いつでも食事がとれるようになっている環境でも、同じようなことが起こることがあります。

すぐに食べようとしないので、食欲不振のように思ってしまいますが、実際はそうではないのです。

このような場合は、食事を与える環境を改善することで、食欲不振のような状況は解消されます。

もう一度、食事や食事を与える環境を見直しをしてみましょう。


ポメラニアンの散歩

ポメラニアンの子犬期に散歩をさせるのは、運動させるという意味もありますが、世の中のことを分からせるという意味合いもあります。

散歩は、将来のポメラニアンの性格にも影響を及ぼす、大事な社会勉強になるというわけです。

最初のうちは、散歩をしていると、知らない人や犬に合ったり、車などの大きな音を聞いたりして、怖がることがあるかもしれません。

しかし、ポメラニアンの子犬期には、強い好奇心があるので、声をかけたりボディタッチをするなどして安心させてあげれば、すぐに様々な環境に慣れていくでしょう。

外を歩くことの喜びを教えてあげましょう。

子犬期の散歩

散歩デビューは、予防接種の2週間後

外の散歩が始められる時期は、2回目の予防接種が終了してから2週間後くらいが目安です。

1回目のワクチンでが終わった段階では、免疫抗体が十分にできていないので、2回目の接種が終わってからにしましょう。

ただ、小型犬のポメラニアンは、それぞれの骨の関節が完全にかみ合うまでに半年程度かかると言われているので、それまでは無理な運動は控えるようにした方がいいでしょう。

短時間の軽い散歩から始める

初めての散歩をするまでに、家でリードに慣れる練習をしておきましょう。

ポメラニアンは、首が弱いので、基本的に首輪はNGです。

散歩の際には、胴輪を使うようにします。

最初のうちは、胴輪だけをつけておき、慣れてた頃に細いひもをつけて、優しく呼びながら軽くひも引いてみるといいでしょう。

ただ、生後6ヵ月頃までのポメラニアンは、骨がとてももろくて、一生のうちで最も骨折しやすい時期です。

20cmの段差から飛び降りただけで骨折することも少なくないので、しばらくは、外で日光を浴びたり、様々な刺激に触れる程度に止めておくようにしましょう。

子犬の時期は、体力もなくとても疲れやすいので、もう少し遊びたいような感じでも、コンディションを見て早めに散歩を切り上げることも大切です。

同じ時間帯・同じルートでの散歩

散歩には段階が必要です。

いきなり刺激的なことを体験すると、強い恐怖心が残ってしまい、それ以降、散歩をしたがらなくなってしまうこともあります。

散歩中には、いろいろな不意の出来事が起こるものですが、ちょっと工夫することで刺激を最小限に止めてあげましょう。

まずは、外の空気を感じるという意味で、家の前に出るだけ。

家の前で、好きな方向に自由に歩かせてみましょう。

それだけでも、アスファルトの感覚や人の行き来、他の犬との出会いなどを体験することができます。

それに慣れてきたら、家の周辺など、数分で回れるコースを散歩してみましょう。

散歩に慣れるまでは、同じ時間、同じルートの方が、新しい環境に早く慣れやすいです。

散歩を活用したコミュニケーション

散歩では、運動をしたり排泄をしたりして、社会経験を積んでいくことができますが、散歩は、飼い主とポメラニアンとの貴重なコミュニケーションの機会でもあります。

散歩中は、リードを通した一対一の関係になります。

リードは、ポメラニアンにとっては絆のようなもので、見知らぬ環境の中では、命綱の役割も果たしています。

リードは、「飼い主は頼れる人」という信頼を感じさせるためのツールでもあるということです。

最初のうちは、リードを短めに持って、ポメラニアンが飼い主の近くで安心できるようにしておきます。

よく観察し、話しかけ、喜びを感じさせながら、たくさんの交流をしていきましょう。

飼い主と交流する習慣をつけることで、その後のトレーニングもスムーズに進めていくことができるようになります。

成犬期の散歩の回数と時間

犬の散歩の頻度はどのくらいが良いとか、何分がベストだとか、ネットや本にはたくさんの情報があります。

しかし、それらの情報が、自分が飼っているポメラニアンに合っているとは限りません。

ポメラニアンの散歩は、毎日朝晩必要とは限らない

ネットで検索すると、ポメラニアンの散歩は、毎日・朝晩2回・15分程度、散歩に行くべき、という情報をよく見かけます。

それが理想的というのは確かなことかもしれませんが、それは、飼い主に時間の余裕があって、毎日時間をかけて愛犬をケアでき、健康な10才くらいまでのポメラニアンの場合です。

一人暮らしあるいは共働きの家庭では、そのような散歩を、毎日朝晩2回行うことは、とても負担になるでしょう。

そもそも散歩というのは、ポメラニアンに適度な刺激を与えることができるように、歩いたり走ったり、コースを変えたりして、一緒に楽しみながら歩くものです。

しかも、散歩後は手足を洗ったり、身体をふいたりといった、ケアをしなければなりません。

時間に追われていたり、焦っていたりすれば、自ずと散歩もケアも適当になり、ケガをしかねません。

ポメラニアンは、骨、関節、膝蓋骨に爆弾をかかえている犬種なので、大切に扱っていく必要があります。

ポメラニアンも、やっつけの散歩では、つまらないでしょう。

それでは、週何回の散歩が良いのか、程度はどれくらいが良いのかというと、それは各家庭のライフスタイルとポメラニアンの健康状態、性格によります。

最低でも、週に2~3回はするようにして、ポメラニアンと散歩を楽しめ、かつ、ポメラニアンの散歩後のケアを、時間をかけて行える日に、散歩を行うようにすれば良いです。

週2~3回でも、広いドッグランに行ったり、公園をゆっくり散策したり、ドッグカフェに行ったりして、最高に楽しむことがでまれば、ポメラニアンにストレスは溜まりませんし、良い運動にもなります。

もちろん、高齢だったり、関節が悪かったりする場合は、1回の散歩は15分未満の短い時間にした方が良いので、できれば散歩の回数を増やせればいいですが、室内でマットをしいて遊ぶ、抱っこをして散歩に行く、カートに入れてお出かけする、などの代替の方法を考えてもOKです。
 

ポメラニアンの散歩時間は15分?

「ポメラニアンは、そんなに運動量が必要ない」「小型犬の散歩は、15分程度で良い」などとよくいわれます。

しかし、それは個体によります。

膝蓋骨脱臼や股関節脱臼の経歴をもちながら、11才を超えても、60分は余裕で歩けるポメラニアンが、実際にいます。

もちろん、健康を害することなくです。(膝と股関節に爆弾を抱えているので、週1~2回程度ですが。)

1時間、2時間でも余裕というポメラニアンもいますし、数分が限界というポメラニアンもいます。

子犬の頃とずっと同じで良いというわけではないので、ポメラニアンの歩く様子、年齢、健康状態などを総合的に判断して、散歩の時間・頻度を決めるようにしましょう。

首輪、散歩後のケアは要注意

ポメラニアンに首輪はNGです。

ポメラニアンは首が弱いので、強く引っ張ると頸椎ヘルニアになってしまう可能性があります。

「胴輪」にしましょう。

また、散歩後、片手で抱っこして手足を洗ってないでしょうか?

実は、これも危険な行為です。

なるべく、風呂場で床に立たせて、手足をシャワーで洗うようにすることをおすすめします。

ポメラニアンは骨が弱いので、たった数分でも無理な姿勢を続けることで、それが積もり積もって数年後に突然ヘルニア、脱臼、骨折、神経麻痺などが引き起こされる可能性があるからです。

健康管理の面で必須の散歩ですが、大切なのは散歩の「質」です。

事故やケガ、ポメラニアンへの負担を軽減するためにも、「疲れている日は休む」という選択肢もあることを忘れないようにしましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする