情報を調べる

ポメラニアンを飼う前に知っておきたいこと/性質・しつけ・準備するもの・注意すること

新たなポメラニアンとの暮らしは、新鮮で楽しいものです。

それまでの生活が一変して、性格まで明るくなったという人もいますが、一方で、こんなはずではなかったと、戸惑ってしまう人がいるのも現実です。

ポメラニアンを飼う前に、性質やしつけの仕方、注意することなどを知っておいて、ポメラニアンを飼うということがどういうことなのかを、よく理解した上で飼うようにしましょう。

ポメラニアンの性質

ポメラニアンを飼うということは、同時に、これまでにないトラブルに見舞われる始まりであるともいえます。

夜鳴き、トイレの粗相、いたずらなどに悩まされることがあるかもしれません。

しかし、それらの多くは、ポメラニアンが子犬の時期の一時的なものなので、焦らず、イライラせず、ゆったりと構えておきましょう。

犬の中でも、ポメラニアンは比較的飼いやすい犬種ですが、飼い方によっては、よく吠えるようになることがあります。

吠えるのは、興奮した時が多いので、子犬の時期からあまり興奮させないように、淡々と育てるようにすると、吠えることは少なくなります。

子供がいる家庭では、子供といっしょに遊び過ぎて、過度に興奮する傾向があるので、最初のうちは大人も入って、バランスよく遊ばせることも大切です。

事故を防止するという意味からも、子犬のうちは、子供だけで遊ばせるのは控えた方がいいかもしれません。


夜鳴き

ポメラニアンの子犬は、夜寝るときでも、真っ暗な場所に置き去りにされると、鳴いて誰かを呼びます。

最初のうちは、飼い主の気配が感じられる寝室内に寝床を置いたり、小さな灯りをつけておくといった配慮も必要です。

ポメラニアンは、自立心が高い犬なので、いつまでも飼い主に依存することは比較的少なく、夜鳴きが長く続くことも、そんなに多くはありません。

トイレ

ポメラニアンは、比較的スムーズにトイレを覚える犬です。

起きてすぐにトイレに連れて行ったり、においを嗅ぎながらくるくる回る合図をしていると、次第に理解していきます。

それでも、最初のうちは上手くいかないことも多いですが、怒らずに黙って始末するようにしましょう。

ここで怒ってしまうと、排泄したこと自体を怒られたと理解して、見えないところで用を足すようになったり、飼い主が怖い人だと感じたりしてしまいます。

いたずら

ポメラニアンの子犬は、とても遊ぶのが好きですが、遊びの延長でいたずらもよくします。

貴重品や危険物など、いたずらをされると困るものは、遊ばせる前に届かない場所に移動させたり、カバーをかけたりして、いたずらができないようにしておくといいです。

いたずらしてもいいおもちゃを与えたり、犬が嫌がる味のするスプレーを吹きかけたりするのも効果的です。

褒めて育てる

ポメラニアンを飼う時には、叱ってもいい子には育っていきません。

子犬を育てる基本は、褒めて育てることです。

ダメなことを教えることが必要な時もありますが、そんな時でも、ただ叱ったり怒ったりしても、ポメラニアンに気持ちは伝わりません。

ポメラニアンの行動を応用したいろいろなトレーニング法を飼い主自身が学んで、それを活用していくことがとても大切です。

ポメラニアンの基本的なしつけ

ポメラニアンを飼う際には、社会のルールを身につけさせなければなりませんが、それには、まずは基本的なしつけをする必要があります。

できれば、何でも柔軟に吸収できる子犬のうちに、基本的なしつけをして、家の中でも外出した時でも、社会に溶け込んで過ごしていけるようにしたいです。

ポメラニアン自身が社会のルールを覚えないと、周りの人に迷惑をかけたりして、最悪の場合は飼い続けることが難しくなってしまうこともあります。

まずは、基本的なしつけから始めましょう。

ポメラニアンも人間の子供と同じように、最初は簡単なことから始めて、次第に分別がつくように育てていくのが一番です。

アイコンタクト

ポメラニアンを飼う時に、飼い主とのアイコンタクトは、基本になります。

犬の習性として、ポメラニアンは、信頼できる相手以外とは、むやみに視線を合わせようとはしません。

最初のうちは、おもちゃやおやつなどを使いながら、名前を呼ばれたら何かいいことがあるということを覚えさせ、名前を呼べば飼い主の方を見るようにしつけます。

ただし、怒りながら名前を呼ぶと逆効果になるので注意しましょう。

おすわり

おすわりは、様々な場面で、それまでの行動をリセットできる基本の姿勢です。

怒って興奮している時でも、ポメラニアンに一呼吸つかせて、興奮を抑えることができます。

ポメラニアンが座っている時に声かけをしたり、おしりに手を添えて座る姿勢を教えたりして、少しずつ「おすわり」の合図を教えていきます。

教える時には、毎回「ほめる」ということがコツになります。

伏せ

伏せは、おすわり以上に抑制をきかすことができる姿勢です。

興奮して相手に飛びかかろうとする時などには、とても効果的です。

「伏せ」もおすわりを教えるのと同じように教えますが、緊張した状態ではなかなか伏せないので、最初のうちは、ポメラニアンが安心できる場所で練習するようにしましょう。

伏せの姿勢となることで、ポメラニアン自身も心身ともにリラックスできる効果があるといわれています。

子犬の時期に教える

欧米の研究で、子犬のうちなら容易に覚えることでも、ある程度成長した後では、覚えることが難しいことがあるということが分かっています。

中でも、「人間は優しい」「音をはじめとした様々な刺激は恐いものではない」ということは、周りの環境に早く慣れるという意味からも、子犬の早い時期に教えてあげることが重要です。

遊びの中でしつけをする

ポメラニアンにとって、遊びは同時に学びの場でもあります。

子犬の頃はもちろん、成犬になってからも遊びを通じて様々なことを学んでいきます。

ポメラニアンの遊びたいという欲求を利用して、遊びをする中で、いろいろなルールを教えることができます。

ポメラニアンのテンションをコントロールできれば、恥ずかしがり屋の性格を開放的にしたり、攻撃的な性格を抑えたりと、性格の改善も可能になります。

遊びは、本能的な捕食行動の欲求を満たす行為でもあるので、五感を使った遊びを取り入れることで、ストレスをうまく発散することもできます。

嗅ぎ分けたい欲求、かみつきたい欲求、くわえたい欲求などを満たすには、犬用のゲームやおもちゃが便利です。

遊びには、いろいろな効果が期待できますが、中でも、飼い主との関係性を学べることは、とても大きなことです。

そのため、飼い主が、ポメラニアンとの遊びの基本ルールを学んでしつけをするということが、とても重要になります。

おもちゃを使った遊び

ボール遊びは、ポメラニアンの追いかけたいという本能を満たしてくれます。

ボール遊びがとてもいい運動になるのはもちろんですが、ストレスの解消にも役立ちます。

ボールは口の大きさに合ったものを選ぶようにしますが、弾力があるものの方が歯を痛めにくいです。

ボールは、音の出るタイプのものが選ばれることが多いです。

ロープを使った綱引き遊びでは、飼い主とポメラニアンとの上下関係が構築しやすく、頭脳トレーニングができる知育玩具も便利です。

知育玩具は、ひとり遊びできるタイプのものも多くあるので、留守番の時の退屈防止にも威力を発揮します。

触ってあげる遊び

なでるだけでもポメラニアンは満足しますが、ただなでるだけでは、犬上位の関係になってしまうこともあります。

なでながら仰向けにして、ポメラニアンに服従のポーズをとらせると、人間上位の関係が築きやすくなります。

膝の上で、ポメラニアンの向きを、あれこれ変えてみるのもいいでしょう。

遊びの際のルール

おもちゃは必ず片付ける

ポメラニアンには、おもちゃを所有したいという欲求があるので、おもちゃの所有権を飼い主が握れば、強い立場に立つことができます。

おもちゃの出し入れは飼い主が行い、主導権を握ることが大切です。

遊び終わったら、おもちゃは必ず片づけましょう。

遊びの時間は飼い主が決める

ポメラニアンをコントロールするためには、遊び自体の主導権も飼い主が握ることが重要です。

ちょっと遊び足りない位のタイミングで遊びをやめることで、次回の遊びへモチベーションをつなげることができます。

遊びを通してマナーを教える

ポメラニアンにとって、遊びは最大のトレーニングチャンスです。

遊んでほしいという欲求が大きなモチベーションになって、ポメラニアンに無理なく自然に、楽しみながら様々なことを学ばせることができます。


ポメラニアンを飼う前に準備しておくもの

ポメラニアンを飼いたいと思ったときには、家に迎え入れる前に、準備しておかなければならないものが、たくさんあります。

ポメラニアンの生活スペースを確保する

犬は、ある程度の狭い範囲でないと落ち着かないという習性がありますが、ポメラニアンも変わりありません。

まずは、「寝床」を置いて、「トイレ」を設置しましょう。

さらに、「歩くスペースが十分に取れるケージ」か「空間と空間を仕切るゲートの組み合わせ」のどちらかは、必須になります。

放し飼いで飼っている人もいますが、その場合は「しつけが行き届かない」「寝るとき・留守番のときに安心できずに暴れる」「汚されると掃除が大変になり、愛犬に当たってしまう可能性がある」などのデメリットがあります。

飼い主が家にいる昼間は放し飼い、夜寝るときや留守番のときはテリトリー内にするなど、各家庭の状況に合った方法を取り入れるようにするといいです。

トイレ

ポメラニアンが子犬の頃や高齢期に、トイレを失敗することが多いということはよく知られていますが、その他にも、発情期やストレスを感じたとき、体調の悪いときなども、トイレを失敗することは多くなります。

トイレケースは、すぐに洗えてスプレーで掃除できるくらいの大きさ・素材のもので、衛生的なものを選ぶようにするといいです。

3時間に1回位はおしっこをするので、トイレシートは頻繁に交換することになります。

大量に購入しておきましょう。
 

寝床

基本的には、ふかふかで、首や頭を置ける場所のあるベッドを購入するといいです。

特に、ポメラニアンは首が弱いので、枕になるような部分がついているものがベストです。

夏用にはクールマット、冬用にはさらに暖かいモフモフのベッド(かけ毛布もあれば尚良し)なども用意しておきましょう。

ダニ・ノミ予防のため、1週間に1回以上は洗濯するのが、おすすめです。

ごはん・おやつ

原材料、産地、添加物、賞味期限等に気をつけて、成長段階に合ったドッグフードやおやつを購入しましょう。

最近では、無添加・高品質のドッグフードがネット通販で簡単に手に入るので、わざわざペットショップに行かなくても大丈夫です。

環境整備グッズ

ポメラニアンはやんちゃなので、常に走り回って、ソファーやベッドに飛び乗り・飛び降り、いたずらをしまくります。

それは、しつけではどうにもならないと思っておいた方がいいです。(しつけをしても、少し大人しくなる程度です。)

そういった行動から引き起こされる怪我や病気を予防するために、家に迎え入れる前から、しっかりと環境を整えておくことが肝心です。

フローリングは滑るので、必ず、滑り止め機能付きのマットを敷くようにしましょう。

また、ベッドやソファーに乗らないように柵をつけるか、ゲートで部屋を区切ることも必要です。

ポメラニアンを飼うときに注意すること

ポメラニアンの性格として挙げられるのが「飼い主が大好き」「寂しがり屋」「天真爛漫」「勝気」「怖がり」「愛情深い」など。

そんな性格のポメラニアンだからこそ、かわいい中にも、たくさんの苦労やケアが必要とされます。

ポメラニアンと、より快適で健康に暮らすために、注意したいポイントを紹介します。

危ないもの・飛び乗れるものは置かない

ポメラニアンが一人(匹)で留守番をしていると、それはそれは大変です。

帰ってきたらウンチまみれ、おもちゃがボロボロで、何か変なものを食べたのか元気がない、ベッドに乗ったり降りたりして骨折してしまった・・・、などということも少なくありません。

帰ったら急いで動物病院へ行かなければならないということも、何度かはあることでしょう。

しかし、家の中での「事故」によるケガは、防ごうと思えば防ぐことができます。

・ポメラニアンが口に入れそうな小物類は、すべて片付けてしまう。
・ソファーやベッドなどの高所に飛び乗らないように、室内にゲートを設置する。
・室内での危険な場所には立ち入ラないようにしつける。

など、しっかりと「予防対策」をすれば、家の中の事故も未然に防ぐことができます。

フローリングはNG

ポメラニアンに限らず、どの犬種にも当てはまることですが、フローリングは滑って足腰に負担をかけ、ケガの原因になります。

特にポメラニアンは、ピョンピョンすることが多いので、骨折や脱臼、ヘルニア等を予防するため、予めマットを全面的に敷き詰めておくといいです。

最近では、滑り止めのついたマットや防水マットもたくさん売られています。

甘やかさずに、たくさん愛する

ポメラニアンは、我が強いことが多いです。

嫌なものは嫌だと、はっきりと主張します。

例えば、「気にいらないごはんは何日も食べないで猛抗議」「歯磨きを嫌がって飼い主をガブッ!」「気にいらない人が来たら何時間も吠え続ける」「どうしても「それ」が欲しいから、ずっとお座りをして見つめている」などなど。

そこで怒って暴力をふるうと、ポメラニアンは臆病なので、身を守ろうとして、より反抗してきます。

それも愛嬌だと思って許しつつ、噛むことや吠えることはしないように、しつけをしていく必要があります。

また、健康上どうしても食べなければならないものもあるので、ポメラニアンの「抗議」に負けることなく、食べるまで見守っていきましょう。

おなかがすけば食べますので!

ポメラニアンの見た目の愛くるしさと深い愛情に包まれて、日々を幸せに暮らせますが、しつけと健康管理は、しっかりとしていく必要があります。

歯磨きは欠かさずに

歯の隙間が多いのも、ポメラニアンの特徴です。

毎日歯磨きをしていても、やぱり歯垢として残ってしまいます。

歯垢はやがて歯石となり、歯周病の原因になるので、注意が必要です。

ポメラニアンの歯磨きをする際には、最初から気合いをいれて、全部やろうとしてはいけません。

まず、優しく擦る感じで、歯磨きは痛くないことを教えます。

いきなりゴシゴシやって、歯茎などを傷つけることのないようにしましょう。

痛みがあると、その感覚が残って、口を開けようとしなくなります。

歯石を除去する用具も販売されていますが、歯石の除去は、プロに任せることがおすすめです。

放し飼いは基本的にNG

放し飼いでポメラニアンを飼うのは、基本的にはやめましょう。

何をするにも、ゲージを使用するのが基本です。

寝る場所、トイレをする場所など。

しばらくポメラニアンと一緒に生活していると、いつおしっこをして、いつウンチをするのかが分かるようになってきます。

食事をするのも、ゲージの中でです。

そうしている間に、ゲージ内がポメラニアンにとって、大切な自分のスペースであることを理解していきます。

水も飲めるようにしておくことを、忘れないようにしましょう。

子犬の頃の食事は1日3回

2~4ヵ月までの時期が、一番手のかかる時期であり、その後のポメラニアンの資質を決める大切な時期でもあるので、できるだけ一緒にいてあげるようにしましょう。

ポメラニアンが子犬の頃には、食事は1日に3回食べますが、成長していくと、2回になります。

年齢や体重に見合った「適量」を与えることを忘れずに。

食事を与え過ぎると、肥満などの病気になってしまいます。

ポメラニアンがお腹を壊したら、基本は絶食です。

1日絶食すれば、ほとんどの場合は治りますが、それでも回復しない時は、すぐに動物病院へ行きましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする