情報を調べる

インフルエンザの症状と予防/検査を受けるタイミングはいつ?

毎年、冬になると流行するインフルエンザ。

流行する時期が早い年は、秋頃からインフルエンザのニュースが流れることもあります。

インフルエンザは、それぞれの年によって、流行する型も違ってくるので、A型かB型かということも気になります。

「これまでに一度もかかったことがないから大丈夫」「去年かかったから今年は大丈夫」などといって、油断してはいけません。


インフルエンザにかかると、自分がつらいだけではなく、周りにもうつしてしまう可能性が高くなるので、予防接種を受けるなど、早めの対処を心がけたいです。

また、体調が悪いと感じたら、早めに病院を受診するようにしましょう。

インフルエンザ

インフルエンザの症状

インフルエンザの症状は、風邪の症状に似ていて、咳、喉の痛み、発熱などですが、インフルエンザに特徴的なのは、発熱するとすぐに38℃を超え、頭痛、吐き気、関節痛、筋肉痛など全身の症状が現れることです。

インフルエンザが重症化すると、肺炎や脳炎になることもあるので注意が必要です。

インフルエンザの症状を、風邪の症状と比較しながら、紹介します。

初期症状

インフル・・・発熱、悪寒、頭痛
風  邪・・・鼻や喉の乾燥感、くしゃみ

主な症状

インフル・・・発熱、筋肉痛、関節痛
風  邪・・・鼻水、鼻づまり

悪寒

インフル・・・強い
風  邪・・・弱い

発熱

インフル・・・38~40℃(3~4日間続く)
風  邪・・・無いか、あっても微熱

痛み

インフル・・・全身痛、筋肉痛、関節痛が強い
風  邪・・・ほとんどない

倦怠感

インフル・・・強い
風  邪・・・ほとんどない

起こしやすい合併症

インフル・・・気管支炎、インフルエンザ肺炎、細菌性脳炎、脳症など
風  邪・・・ほとんどない

インフルエンザの型

インフルエンザは大きく分けてA型、B型、C型の3種類があります。

インフルエンザA型

38℃以上の高熱が出て悪寒や関節・筋肉痛などがあるのが特徴です。

増殖力が速くて感染力も強いので、流行しやすいという特徴があります。

インフルエンザB型

A型に次いで流行しやすいウイルスがB型です。

大流行を起こすことは少ないですが、症状は重くて、数年おきに流行して猛威をふるいます。

インフルエンザC型

感染したとしても風邪程度の症状で、多くの人は免疫を持っています。

インフルエンザの予防

インフルエンザの潜伏期間は1~5日程度といわれていますが、感染後3日以内に発症することが多いといわれています。

人にうつる可能性がある期間は、感染してから解熱後2日後くらいまでといわれていますが、特に発症してから3日間ほどが最も感染力が高いとされています。

インフルエンザは、せきやくしゃみで放出されたウイルスを吸うことで感染します。

インフルエンザを拡散させないためにも、マスクを着用することが効果的です。

また、インフルエンザウイルスが付着したものを手で触ってもインフルエンザに感染することがあるといわれます。

感染を防ぐために手洗いが有効だといわれるのは、そのためです。

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低くなってしまうので、インフルエンザにかかりやすくなります。

乾燥しやすい冬場には、加湿器などを使って室内の湿度を50~60%程度に保つことも、感染予防に効果があるとされています。

予防接種の時期

予防接種をすると、接種後2週間ぐらいでインフルエンザウイルスへの抵抗力がついて、約1ヶ月で頂点に達し、その効果は4~5ヶ月ほど持続するといわれています。

その後の効果は、1年間で摂取時の30%程度に低下するといわれています。

インフルエンザの流行は、例年12月下旬から3月上旬が中心になるので、できれば12月中旬までに接種をするのがいいようです。

ただ、今年は流行が早いようなので、すぐにでも接種をした方がいいかもしれません。

予防接種をしてもインフルエンザにかかる可能性はありますが、重症化や合併症を防止するという効果もあるので、予防接種は是非受けておきたいですね。

インフルエンザの検査

インフルエンザは風邪とよく似た症状が現れるので、症状だけでどちらなのかを見分けるのは難しいところがあります。

病院に行って検査を受ければはっきりと分かりますが、検査のタイミングがずれていると、正確な判定ができません。

どの時点でインフルエンザの検査を受けるのがいいのでしょうか。

また、検査はどういう方法で行われて、費用や時間はどれくらいかかるのでしょうか。

インフルエンザは風邪の症状と似ているところも多い

インフルエンザにかかっていても、最初のうちは風邪だと思ってしまうこともよくあります。

インフルエンザの発熱、のどの痛み、咳、鼻水などの症状は風邪にも見られる症状だからです。

ただ、インフルエンザには38~40℃程度の高熱が出て強い悪寒があり、関節痛や筋肉痛などを伴うという特徴があります。

インフルエンザの中でもA型の場合には高熱の症状が強く、B型でも38℃程度の発熱があり、下痢やおう吐を伴うこともあります。

インフルエンザに感染しても、予防接種を受けていたり免疫力が強かったりすれば、高い熱がでないこともありますが、こういう場合は、一層風邪との区別がつきにくくなります。

インフルエンザの検査は発症後12時間以降に

インフルエンザの特有の症状が出てすぐに病院に行っても、正確な診断がされないことがあります。

検査を受けるタイミングが早すぎると、インフルエンザにかかっていたとしても、陽性反応が出ない場合があるからです。

検査で陽性反応が出なければ、インフルエンザという診断はされません。

インフルエンザという診断がされなければ、当然ですが、インフルエンザの薬も処方してもらうことができません。

インフルエンザが疑われる場合、病院に行くのは発症してから12時間以上経ってからにした方が良いといわれていますが、これは、発症してから12時間以内の場合には、インフルエンザらしき症状が出ていても、検査では陰性となる可能性が高くなるからです。

ただし、「39℃以上の高熱がある」「おう吐や下痢が続く」「極端に顔色が悪い」「呼吸が早くて苦しそう」などの重い症状がある場合は、発症後12時間経っていなくても、すぐに病院に行くようにしましょう。


インフルエンザの検査方法や時間

インフルエンザの検査は、細い綿棒で鼻の奥やのどの奥から粘液をとって、そこにウイルスがいるかどうかで判断されます。

綿棒を嫌がる子供などの場合には、鼻水(鼻かみ液)で検査できるキットもありますが、多くの病院では「迅速診断キット」が使われています。

迅速診断キットでの検査

迅速診断キットの検査は、鼻やのどから摂取した粘液を調べてウイルスがいるかどうかを判断します。

結果はだいたい15分程度で分かります。

結果は早くでますが、精度には多少の難があって、インフルエンザに感染した初期に検査をした場合には、インフルエンザに感染していても陽性反応にならない場合があります。

これは、迅速診断キットがウイルスの数によって判別するキットなので、ウイルスの数が少ない感染初期には陰性となる可能性があるからです。

ただ、インフルエンザウイルスは驚異的なスピードで増殖します。

1個のウイルスが、8時間後には100個に増殖し、24時間後には100万個にまで増殖するといわれているので、あまり検査が遅くなるのもよくありません。

インフルエンザ検査のベストなタイミング

ウイルスの数が少ないと正確な検査結果が得られないからといって、あまりにも多くのウイルスが増殖してしまってから病院に行くと、症状を緩和する機会を逃してしまい、体調もかなり悪化してしまっています。

インフルエンザの検査は、発症してから12時間以上経過してから検査を受けるのが良いとされています。

ただ、抗インフルエンザ薬に効き目があるのはインフルエンザの症状が出てから48時間以内といわれているので、発症後12時間~48時間の間にインフルエンザ検査をうけるのが最も好ましいといえます。

インフルエンザの検査を受けるのは、早すぎても遅すぎても良くないというわけです。

その他の検査方法

以下の検査は、迅速診断法と比較すると感度が高い検査ですが、高度な技術を要するので、一般の病院やクリニックなどでは実施されていません。

・血清抗体検査
インフルエンザを発症してから7日以内に1回、回復してから1回の計2回、インフルエンザに対する抗体が出来ているかどうかについて、血液検査を行います。

結果が出るまでに約2週間かかります。

・ウイルス分離検査
インフルエンザを発症してから3日以内に、のどのぬぐい液やうがい液、鼻からの吸引液などを採取して機械にかけて分離し、ウイルスを取り出して詳しく調べる検査です。

ウイルスの詳細を調べるので精度は高いですが、結果が出るまでに5~10日程度がかかります。

・PCR検査
のどのぬぐい液や鼻からの吸引液を使って、インフルエンザウイルスの遺伝子を検出する検査です。

この検査では、インフルエンザのA型・B型だけではなく、A型の中でもA香港型、Aソ連型などの亜型まで詳しく分かります。

非常に高度な検査ですが、結果が出るまでに時間がかかります。

インフルエンザの検査費用

インフルエンザの迅速検査キットには、健康保険が適用されます。

3割負担の場合は、どこの病院でも2,000円弱(初診料も含む。)になることがほとんどです。

診療報酬点数の例

・感染症免疫学的検査・・・147点
・免疫学的検査判断料・・・144点
・初診料・・・282点
 計 573点(1点=10円)

3割負担の場合:5,730円 × 3/10 = 1,719円

※診療報酬の点数は、病院や薬局によって異なります。

6歳未満の子供の場合

6歳未満の乳幼児の場合には、初診料の所定点数に75点が加算されますが、小学校入学までは自己負担が2割となるので、負担する費用としては成人より少し安くなります。

子供の医療費を補助してくれる自治体もあるので、一度確認してみましょう。

検査結果が陽性で薬が処方された場合

検査の結果、陽性反応が出て薬が処方されると、検査料に加えて、薬の料金と処方箋料が加わります。

例えば、タミフルが5日分処方された場合には、薬代や調剤料などで1,500円程度が加算されることになります。

まとめ

インフルエンザのような症状がでると、すぐに病院に行こうと思うかもしれませんが、発症してからあまり時間が経っていないと、インフルエンザに感染していたとしても陽性反応が出ないこともあります。

発症してから12時間~48時間に検査をするのが好ましいといわれているので、インフルエンザかもしれないと思ったら、半日ほど待ってから医療機関を受診するようにするといいです。

インフルエンザにかかると、本当につらいですし、自分がつらいだけではなく、周りの人にうつしてします可能性もあります。

インフルエンザにかからないように予防対策をしっかりとして、規則正しい生活とバランスのとれた食事、十分な睡眠を心がけたいですね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする