「お盆玉」の由来/相場はどれくらい?

ポチ袋

最近の夏の新しい習慣に、「お盆玉」があります。

お正月には、子供たちに「お年玉」をあげますが、お盆にあげるのが「お盆玉」です。

この「お盆玉」は、山形地方の「お盆小遣い」という風習がもとになっているようです。

お盆玉

「お盆玉」の由来

お年玉のお盆バージョンともいえる「お盆玉」は、お盆の時期に子供や孫にあげるお小遣いです。

山形地方では、江戸時代から、お盆の時期になると、奉公人に「お盆小遣い」をあげるという風習がありました。

当時は、お金ではなく衣服や下駄などの品物をあげていたようですが、この風習が、昭和に入ると子供にお小遣いをあげるようになったといわれています。

「お盆玉」は、この「お盆小遣い」の風習がもとになっていますが、「お盆玉」という言葉は、最近造られた造語です。

「お盆玉」は、2010年に山梨県の株式会社アルアイという紙製品を製造・販売する会社によって商標登録された言葉です。

2010年までは、「お盆玉」という言葉自体、存在しませんでした。

スポンサーリンク

「お盆玉」のポチ袋

「お盆玉」の商標登録にあわせて、夏の風物詩をデザインした、お盆玉用のポチ袋が販売されるようになり、2014年には、全国の郵便局で「お盆玉袋」が販売され、一気に全国的に知られるようになりました。

最近では、コンビニやショッピングモールなどでも、いろいろなお盆玉用のポチ袋が販売されるようになっています。

「お盆玉」の相場

「お盆玉」は、2010年に言葉が造られて商標登録され、2014年に全国的に知られるようになった、新しい習慣なので、明確な相場というようなものはありません。

まだ、「お盆玉」という言葉自体を知らない人もいて、「お盆玉」をあげるという人の方が少数派ですが、目安としては、お年玉と同額程度か、すこし少ない額というのが主流のようです。

「お盆玉」の額の目安
・就学前:500円~1,000円
・小学生:1,000円~3,000円
・中学生:3,000円~5,000円
・高校生以上:5,000円~10,000円

お金以外の「お盆玉」

「お盆玉=お金」という感が強いですが、昔のお盆小遣いのように、品物であげるという人もいます。

おじいちゃん・おばあちゃんから孫への「お盆玉」には、ランドセルが選ばれることも多いようです。

小さい子供には、おもちゃや絵本などもいいかもしれません。

また、お金の代わりに図書カードなどにすれば、使い道がはっきりしているので、親としても安心してあげることができそうです。

まとめ

「お盆玉」は、昔のお盆小遣いの現代版ですが、お盆玉の始まりには、お盆玉用ポチ袋の販売戦略が見え隠れしています。

「お盆玉」は、もらう側の子供にとっては嬉しい習慣かもしれませんが、あげる側の大人にとってはあまり広まってほしくない習慣といえるかもしれません。

お盆の期間はいつからいつまで?墓参りはいつ行けばいい? >

お盆の時期に海に入ってはダメな理由は? >