食物アレルギーの検査には、どんな検査がある?

アレルギー検査の結果
スポンサーリンク

人間の体は、免疫機能によって体内に侵入してきた細菌などの異物を退治して、健康を保っています。
 
この免疫機能が過剰に反応して、食べ物などの無害なものに対しても攻撃(反応)してしまうのが「食物アレルギー」です。
 
子供の食物アレルギーはよく耳にすることがありますが、大人になってから突然食物アレルギーを発症することもあるようです。

食物アレルギーの検査

アレルギーがあるかどうかは、「IgE抗体」の値を測定することで分かるといわれています。
 
人間には、体内に侵入してきた異物から身を守る免疫機能があり、異物に対抗する「抗体」を作って、異物を攻撃したり体から排出したりしています。
 
細菌やウイルスなどに感染したときに鼻水や咳が出るのは、この抗体が機能しているからだといわれます。
 
IgE抗体は、免疫に関係したタンパク質の一種で、通常はごく微量しか検出されませんが、抗原(アレルゲン)と結合すると、「ヒスタミン」などの炎症を引き起こす物質を放出させて、身体のいろいろなところに、炎症などのアレルギー反応を引き起こすとされています。
 
血液検査で「IgE抗体の量」を特定すれば、どんな物質に対してアレルギーがあるのか、症状の強さがどれくらいかなどの「アレルギーのレベル」が分かるといわれます。
 
「IgEの抗体価」が高ければ高いほど、アレルギーがある可能性も高くなりますが、低レベルでも、検出されれば将来的に発症する可能性があるといわれています。
 
食物アレルギーの検査には、次のような検査があります。

血液検査

IgE抗体検査

「IgE抗体検査」は、一般的な血液検査で、アレルゲンに特異的なIgE抗体を測定することができる検査です。
 
そのIgE抗体がどのアレルゲンに対して反応するのかを測定するのが「特異的IgE抗体測定」
 
現在では、200種類以上のアレルゲンに対する特異IgE抗体を測定することができるといわれています。
 
測定値は、クラス0~6までの7段階で表され、「値が高いほど特異IgE抗体の量が多い」ということになります。
 
しかし、この値が高いからと言って、必ずしもアレルギー症状が強いとは限らないようです。
 
特に、食物アレルギーでは、特異IgE抗体の量がある程度多くても、そのアレルゲンを摂取したときに症状がでないこともしばしばあるといわれています。
 
血液検査の結果だけで食物アレルギーの判断をするのではなく、食物負荷試験などの他の検査も受けてみて、総合的に判断するすることが大切です。

ヒスタミン遊離試験

「ヒスタミン遊離試験」は、採取した血液をアレルゲンと混ぜて、どけだけのヒスタミン(アレルギーを引き起こす原因物質)が放出されるかを調べる検査です。
 
実際に食べ物を摂取するわけではないので、アレルギー症状を引き起こす心配がありませんが、実際に血液とアレルゲンを反応させるので、検査結果の信頼性は高いとされています。

スポンサーリンク

皮膚テスト

プリックテスト

「プリックテスト」は、少量のアレルゲン液を皮膚にたらし、皮膚の表面を針で軽く刺して反応を見るテストです。
 
15分程度様子を見て、皮膚が赤くなったり、腫れたりするような反応があれば陽性ということになります。
 
短時間で結果が確認できて痛みも少ないので、小児にも行われる検査です。
 
血液検査ではわからなかったアレルゲンが、この検査でわかることもあるといわれます。
 
即時型アレルギーを特定するにはとても効果的な検査とされていますが、時間が経ってから遅延反応が見られることもあるので、検査後も、何か反応がないか注意深く見ておく必要があります。

スクラッチテスト

「スクラッチ」とは「ひっかく」という意味ですが、その名前どおり、「スクラッチテスト」では、針で皮膚をひっかいてからアレルゲン液をたらして反応を見ます。
 
皮膚が赤くなったり、腫れたりするような反応があれば陽性となります。
 
プリックテストとよく似た検査で、こちらも短時間で検査することができます。

皮内テスト

「皮内テスト」は、プリックテストやスクラッチテストでは反応がはっきり分からないときに行う検査で、少量のアレルゲン液を皮膚内に注射します。
 
実際にアレルゲン液を皮膚内に注射するので、強いアレルギー症状が出ることもあり、初めからこの検査をすることは、ほとんどないといわれています。
 
15~20分後に、発赤と腫れの有無と大きさでアレルギーがあるかどうかの判定がされます。 

パッチテスト

「パッチテスト」は、化粧品や薬品などによって起こるアレルギーを調べる検査です。
 
大きな絆創膏のようなものに何種類かのアレルゲン成分をつけて皮膚に貼り付け、2~3日後に発赤や腫れの反応を見ます。
 
肌を傷つけずにできる検査です。

食物除去試験

「食物除去試験」は、アレルギーの原因として疑われる食べ物を2週間程度食べないようにして、症状の変化をみるテストです。
 
特に変化がなければ、その食べ物は食べても大丈夫と判断されます。
 
食べないことで症状が良くなったと判断された場合は、次の食物負荷試験と合わせて診断が行われます。
 
この検査は、特定の食べ物を制限する検査なので、身体的な負担が少ない検査とされています。

食物負荷試験

「食物負荷試験」は、アレルギーの原因として疑われる食べ物を実際に食べてみて、どのような症状が現れるのかを見るテストです。
 
どれくらいの量を食べると、どんな症状が現れるのかが、この検査で分かります。
 
強いアレルギー症状が出る危険があることや、食事管理などをきちんとする必要があることなどから、医師の指導のもと、入院をしてこの検査を行う病院もあります。
 
現在、食物アレルギーの検査で最も信頼できるのが、この「食物負荷試験」だといわれています

まとめ

アレルギー症状のことを心配し過ぎて、過剰に食べ物を避けてしまうことで栄養が偏ってしまい、健康を損なってしまっては元も子もありません。
 
当たり前のことですが、食べても大丈夫なものまで避ける必要はありません。
 
ただ、アナフィラキシーショックなど、命に関わるような症状が出ることもあるので、食物アレルギーを軽く考えてはいけないことも確かです。
 
食物アレルギーの検査は、内科、耳鼻科、皮膚科などで受けることができます。
 
食物アレルギーかもしれないと感じたら、まずは医師に相談して適切な検査を受け、その上で、食物アレルギーともうまく付き合っていくようにすることが大切だといえそうです。

スポンサーリンク

からだ
aoiをフォローする
ちょっと気になる役立つ情報